TAKAO 599 MUSEUM

その他

施設の貸出について

市民ギャラリー利用規約

1. 利用時間
開館時間に準じます。
午前8時~午後5時(4~11月)
午前8時~午後4時(12~3月)
* 原則、開館時間外の利用はできません。
* 準備・撤収等も利用時間に含みます。
(準備は午前8時から、撤収は閉館時間までとなります。)  
* 開館時間は変更となる場合があります。

2. 利用料金
1時間1,000円
* 準備・撤収等に要する時間も含みます。
* 市内の保育園・幼稚園・認定こども園・小学校・中学校・特別支援学校が、年間指導計画又は教育課程に基づく学習・教育活動を行う場合等は減免となります。詳しくは高尾599ミュージアム(以下「ミュージアム」といいます。)にお問い合わせください。(TEL 042-665-6688)

3. 休館日
年中無休(メンテナンス等による臨時休館あり)
* 休館日の利用はできません。

4. 利用申し込みの流れ
(1) ミュージアムに直接お越しいただき、所定の利用申込書に記入の上、提出してください。
* 電話による仮予約もできます。仮予約後、原則1週間以内にミュージアムにて利用申込み手続きをお願いします。1週間を過ぎてご来館またはご連絡がない場合はキャンセルとみなします。
(2) 利用申込書提出後、原則、その場で利用内容・空き状況などを確認し、利用を承認した場合、利用承認書を発行します。 
* 芸術作品展示に利用する場合など、申請内容の確認に時間を要する場合、申込み当日に承認できないことがあります。
* 利用承認書は再発行できません。利用当日に必要となりますので大切に保管してください。
(3) 利用承認書の発行にあわせて、利用料金を現金でお支払ください。

5. 利用申し込み受付開始日
市民ギャラリーは、原則、利用日の3月前の月の初日より受付を開始します。ただし、以下の場合は、6月前に利用申請することができます。
* 市内の保育園・幼稚園・認定こども園・小学校・中学校・特別支援学校が、年間指導計画又は教育課程に基づく学習・教育活動をするとき。

6. 芸術作品展示に利用する場合
一般来館者を対象とした絵画、写真、映像、インスタレーション、デザイン、クラフトなど芸術作品展示のために利用する場合、以下の要件を満たす団体が利用できます。個人での申し込みはできません。申請に必要な書類、手続きの流れ等についての詳細は、ミュージアムにお問い合わせください。
・東京都を主な拠点とし、全都又は全国規模で創作美術品等の公募展覧会を主催している団体であること。
・団体の意思決定や運営に関する規定が、定款等で明確になっていること。
・団体の収支決算が明確であること。
・団体の活動及び開催する事業が、ミュージアムコンセプトに合致したものであること。
・その他、本利用案内にある事項を遵守できること

7. 受付順位
利用の受付は原則として先着順に行います。

8. 利用権の譲渡・転貸
利用者は利用承認を受けた利用権の全部または一部を第三者に譲渡・転貸することはできません。

9. 利用料金の還付
既納の利用料金につきましては、原則としてお返しできません。

10. 利用の変更
すでに利用承認を受けた後の変更は、同じ目的・内容で利用する場合のみ、利用日の前日まで1回に限り可能です。ただし、その時点での利用予約の空き日に限ります。
* 変更により既納利用料金に不足が生じた場合、追加納付が必要です。
* 利用日の60日前までに利用変更承認を受けた場合で、既納利用料金が、利用変更後利用料金を超過したときは、超過分を還付します。

11. 関係官公署への届出
利用内容により、著作権利用申請等、官公署への届出が必要となる場合には利用者側で手続きをしてください。

12. 利用当日の流れ
(1) 利用承認書の提示
利用者(代表者)は、利用前に必ず利用承認書をミュージアムに提示してください。
注意事項の説明後、利用を開始してください。
* 利用承認書の再発行はいたしませんので、大切に保管してください
(2) 追加料金の精算
利用時間の延長があった場合、追加料金を精算してください。
(3) 利用終了後
利用終了後はゴミの片付けや原状回復を行い、利用終了のご連絡をお願いします。

13. 利用承認の制限
次のような場合は利用の承認ができません。また、すでに利用承認をしている場合は取消しとさせていただきますので、ご注意ください。
(1) 公益を害し、または公序良俗を乱す恐れがあると認められるとき
(2) 損傷の恐れなど施設運営管理上支障があると認められるとき
(3) 利用申請書等、提出書類の記載事項に虚偽があるとき
(4) 八王子市高尾599ミュージアム条例(以下「条例」といいます。)、八王子市高尾599ミュージアム条例施行規則、本利用案内およびその他の規定に違反、またはその恐れがあるとき

14. 制限行為
(1) 一般事項
次のいずれかに該当する行為は、原則できません。
・物品の販売およびこれに類する行為
・寄附の募集
・宣伝その他これに類する行為
・広告物の掲示もしくは配布、または看板・立札類の設置
・ミュージアムの一般来館者を対象とするイベント等の開催
・その他、ミュージアムの禁止行為及び管理運営上、支障をきたすと認められるもの。
(2) 作品展示を行う場合の制限事項
(1)に規定する行為の他、以下の作品を展示することができません。
・床面展示
 展示物が著しく重い、砂利・土等をなど直接床面に置く等、床面を汚損、き損する可能性のある場合
・壁面展示
 設置にあたり壁面を傷つける等、壁面を汚損・き損する可能性のある場合
・吊り下げ展示
 原則不可
・発音をともなう作品展示
 展示する場合、その他の館内展示物観覧に支障のないよう音量調節や防音対策を講ずること。
・火、水、煙霧を発生する仕掛けのあるもの
・フラッシュの点滅など強い光を発するもの
・異臭を発し、又は腐敗のおそれのあるもの
・人に危害を及ぼす恐れのある素材をしようしたもの
・砂利、土等を直接床面に置いたり、床面を汚損、き損する恐れのある素材を使用するもの
・動物、植物、危険物等
・条例第11条に該当するおそれがあるもの

15. 入場の制限  
次のいずれかに該当する場合は、ミュージアムへの入場をお断りすることがあります。
・来館者に迷惑をかける行為または他人に嫌悪の感をいだかせる行為をする者
・来館者に迷惑となるおそれのある物品または動物類(盲導犬等は除く)を携行・同伴する者
・その他、条例第11条に該当する場合

16. その他利用上の注意
(1) 市民ギャラリー内
・規定の入場者数を超えての入場はできません。
・ミュージアムの許可無く、施設及び設備に改造や変更を加えないでください。
・ミュージアム(敷地含む)は禁煙です。
・飲食は禁止です。
・利用者が出したゴミはお持ち帰りをお願いしております。ご協力ください。
・利用開始から終了までのご利用施設内での事件・事故に関しましては、施設の瑕疵が原因と特定されたもの以外は、利用者の責任となりますのでご了承ください。なお、利用者以外の第三者に対しての事件・事故についても同様です。
・搬入、搬出を含む利用時間中に、利用者によりミュージアム及び設備に破損、紛失等が生じさせた場合には弁償していただくことがあります。
・ギャラリーの監視及び受付等、運営に必要な人員は、利用者の責任において配置してください。
・消防法等の関連法規を遵守していただくため、ミュージアム職員の指示に従ってください。
(2) 備品の貸し出し
・ミーティングデスク・チェア、プロジェクター等、ミュージアムの備品を使用する場合は、事前に申請願います。使用料は無料です。
・貸出備品を紛失または汚損・き損した場合は、利用者の責任において弁償していただきます。
・ミュージアムの備品であってもお貸しできないものもありますのでご承知おきください。
(3) 駐車場
専用の駐車場はありません。車を利用の方は、近隣の有料駐車場をご利用ください。
※なるべく公共交通機関でのご来館をお願いします。
(4) 搬入・搬出
・利用にあたり搬入・搬出する必要がある場合には、責任者を常駐させてください。
・施設にき損が生じないよう十分注意し、必要に応じ養生してください。
・機材等の搬出入のため敷地内に車両が立ち入る必要がある場合には、事前にミュージアムまでお尋ねください。
・搬入、搬出作業は営業時間後に行う等、来館者の迷惑にならないよう配慮してください。

17. 個人情報の取り扱い
・市民ギャラリーの利用にあたり、ミュージアムが収集した個人情報は、個人情報の保護に関する法律、八王子市個人情報保護条例及びその他関係法規等に基づき適切に管理します。
・ミュージアムを管理する指定管理者は、議会で指定を受け、八王子市の代わりに公の施設を管理する者であり、ミュージアムが収集した情報は、八王子市と指定管理者で共有します。

18. 利用規約の変更
・ミュージアムは、必要があると認めるときは、利用者への事前の通知を行うことなく、この規約を変更することができるものとします。
・この規約変更後に、利用者が市民ギャラリーを利用した場合は、変更後の規約の内容が適用されます。

19. お問い合わせ
その他、ご不明な点はミュージアムまでおたずねください。


附則
この規約は、平成27年8月11日から施行します。
もっと見る 閉じる