TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

鳥類図鑑

数多くの野鳥と出会えるのも高尾山の醍醐味の1つです。その数は、100種類以上にのぼり、まさに高尾山は鳥たちの楽園、日本の代表的バードウォッチングスポットと言えます。繁殖や越冬のために渡ってくる夏鳥・冬鳥や高尾山に棲みつく留鳥たちが、求愛や縄張りを主張するため美しくさえずる姿など、さまざまな野鳥の生態を目と耳で楽しめます。

  • ハシボソカラス カラス科
    ハシボソカラス
    ハシボソカラス カラス科
    平地から低い山の林、畑や街中で暮らすカラス。
    ハシブトガラスと比べると、頭部がなだらかで、くちばしが細い。
    おじぎをしているように頭を下げて「ガァーガァー」と鳴き、「カポン」とか「カララ」という声を出すこともある。
    繁殖期以外は群れで行動し、朝早くからエサ場となる畑や川原に向かい、夜は決まったねぐらに帰ってくる。
    雑食性でネズミ、カエル、魚、虫、草の種、木の実を食べ、町にきてゴミをあさることもある。
    光る物への関心が強く、ゴルフ場ではよくボールを取られることがある。
    繁殖期は3月から5月頃。
    木のてっぺんより少し下に枝を集めておわん形の巣をつくり、1回におよそ3~6個の卵を産む。

    大きさ|約50センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • ハシブトカラス カラス科
    ハシブトカラス
    ハシブトカラス カラス科
    山地、海岸、川原、畑、街中と幅広いところに生息し、都会のビル街でも生活している。
    ハシボソガラスと比べると、頭部が盛り上がっていて、くちばしは太く大きい。
    タカやフクロウを見つけると追い回す習性がある。
    「カァーカァー」と澄んだ声で鳴き、人の笑い声のような声も出す。
    繁殖期以外は群れで行動し、夜はねぐらに帰る生活を送っている。
    雑食性で他のどの鳥よりも多様なものを食べる。
    ゴミをよくあさったり魚や動物の死体にも集まる。
    巣は木につくるが、電柱や鉄塔につくることも多く、木の枝と一緒に針金ハンガーやビニールひもなどを上手に使う。
    繁殖期は3月から5月頃、1回およそ4~5個の卵を産む。

    大きさ|約57センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • キクイタダキ キクイタダキ科
    キクイタダキ
    キクイタダキ キクイタダキ科
    ミソサザイと並び日本で一番小さな鳥の一つで体重は5~6グラムほど。
    頭に菊の花のような黄色い羽毛があることから「菊戴(きくいただき)」の名が付いた。
    オスとメスはほぼ同色だが、オスの頭に赤い線が走っているところが見分けるときの目印である。
    山地から高山のマツやヒノキなどの針葉樹林で暮らし、木々の間をせわしく動き回り、虫やクモを捕まえる。
    地上に降りるのは水浴びのときくらいで、ほとんど木の上で生活する。
    「ツリリリ、ツィー」と金属的な細い声でさえずる。
    6月から7月頃の繁殖期、枝先にコケやクモの糸を使ってボール状の巣をつくり5~8個の卵を産む。
    秋から冬にかけては平地や低い山に移動し、ヒガラなどと一緒に群れる。

    大きさ|約10センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)

    鳴き声を聞く

  • コガラ シジュウカラ科
    コガラ
    コガラ シジュウカラ科
    標高1500メートル級の山の森林に多く生息しているが、低い山でも繁殖する。
    オスとメスは同色。
    頭は黒く、背中は淡い茶色、ほおと腹部が白い。
    コナラやカエデなどの落葉広葉樹林を好み小さな群れをつくって生活する。
    枝や幹をつついて虫やクモを捕り、草の種や木の実も食べる。
    木の実を木の皮の隙間にためておく習性もある。
    5月から7月頃の繁殖期、オスは「ヒッチョー、チチュー」とゆっくりとさえずる。
    縄張りを宣言するときは「ツピツピツピ」と早いテンポで鳴く。
    巣は枯れかけた木に穴をほり、木の皮をかみ砕いた柔らかい材料を敷きつめて5~8個の卵を産む。
    冬になると他のカラ類と一緒に行動するものが多い。

    大きさ|約13センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)

    鳴き声を聞く

  • ヤマガラ シジュウカラ科
    ヤマガラ
    ヤマガラ 展示されている動植物
    平地や低い山の林で生息し、クスノキやカシノキなどの常緑広葉樹林を好んで暮らしている。
    人に慣れやすい鳥で住宅地にもよく姿を見せる。
    繁殖期以外は1羽か小さな群れで行動するが、中には一年中仲良く生活するペアもいる。
    オスとメスは同色。
    翼は青みがかったグレー、栗色の背と腹部がよく目立つ。
    虫や木の実を食べる。
    大好物はドングリで、両足ではさみ、くちばしで上手に割って食べる。
    ドングリを木の皮の隙間や土の中に隠して、冬場の食糧としてたくわえる習性もある。
    4月から7月頃の繁殖期、オスは「ツツピーツツピー」とよくさえずる。
    巣づくりはキツツキの古巣や巣箱を利用し、1回におよそ5~8個の卵を産む。

    大きさ|約14センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)

    鳴き声を聞く

  • ヒガラ シジュウカラ科
    ヒガラ
    ヒガラ シジュウカラ科
    シジュウカラ科のなかで一番小さな鳥。
    ヒガラ、コガラ、シジュウカラの3種はよく似ているが、ヒガラの黒い頭には小さな冠のような羽があり、他と見分ける目印になる。
    平地から山地の林で暮らし、マツやスギなどの針葉樹林を好む。
    主に木の上で生活し、枝先や葉の先を動き回り、虫やクモ、草の種や木の実を食べる。
    5月から6月頃、繁殖期になるとオスは枝先にとまって「ツッツッチー、ツリリ」と細く高い声でさえずり、縄張りを宣言する。
    木の穴やキツツキの古巣、巣箱の中に動物の毛やコケを敷いて巣をつくり、1回におよそ5~8個の卵を産む。
    繁殖期以外は、コガラなど他のカラ類と一緒に小さな群れをつくって生活している。

    大きさ|約11センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • シジュウカラ シジュウカラ科
    シジュウカラ
    シジュウカラ 展示されている動植物
    のどから腹部にかけてネクタイのような黒い帯があるのが特徴。
    オスとメスはほぼ同色だが、オスの帯の方がメスより太く見分けるときの目印になる。
    平地から山地の林で暮らし、住宅地の公園でもよく見ることができる身近な鳥。
    繁殖期以外は小さな群れで行動する。
    人をあまり恐れない性格で、家の郵便受けや庭先の植木鉢に巣づくりすることもあるほどだ。
    木の上や地上で、虫やクモを捕食し、草の種を食べる。
    エサ台にもよく集まり、ヒマワリの種が好物。
    繁殖期にオスは「ツツピーツツピー」と鳴く。
    もともとは木の穴や岩の隙間などに巣をつくるが、巣箱もよく利用する。
    4月から7月頃、1回におよそ7~10個の卵を産む。

    大きさ|約15センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)

    鳴き声を聞く

  • ツバメ ツバメ科
    ツバメ
    ツバメ ツバメ科
    毎年、春先になると冬の間過ごしてきた東南アジアから飛んでくる。
    家の軒下などに巣をつくって子育てすることでお馴染みの鳥である。
    周りに開けた畑や田んぼ、水辺のあるところで多く暮らし、都会でもよく見ることができる。
    田畑の上を低空で飛び交い、飛んでいる虫を捕まえて食べ、水も水面を飛びながらすくうように飲む。
    繁殖期を迎えるとペアで生活するようになり、巣づくりの材料になる泥や枯れ草を集めるために、盛んに田んぼや川原を行き来する。
    4月から7月頃、1回におよそ3~7個の卵を毎日1個ずつ産んでヒナを育てる。
    ヒナが巣立つと小さな群れをつくってアシ原(アシが群生する場所)などをねぐらに生活し、秋になると南へと渡っていく。

    大きさ|約17センチ
    季節|3月〜10月頃
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)
  • イワツバメ ツバメ科
    イワツバメ
    イワツバメ 展示されている動植物
    春、ツバメより一足早く東南アジアから飛んでくる。
    ツバメと比べると、体はやや小さく尾羽根も短い。
    また、ツバメは顔からのどにかけて赤茶色をしているが、イワツバメの喉は白い。
    平地から高い山の開けたところでいつも群れになって生活し、飛びながらカ(蚊)やガ(蛾)、ハエなどを捕まえて食べる。
    もともとは山の岩壁や海岸の洞穴などに集団で巣をつくることが多かったが、近年は平地でも数が増え、ビルや駅、橋の下、家の軒下などにも巣をつくるようになった。
    4月から8月頃、繁殖期になるとオスは「ピリッ、ジュリ、チィ」とよくさえずる。
    泥と枯れ草を唾液で固めてツボ形の巣をつくり、1回におよそ3~4個の卵を産む。

    大きさ|約15センチ
    季節|3月~10月頃
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)
  • ヒヨドリ ヒヨドリ科
    ヒヨドリ
    ヒヨドリ 展示されている動植物
    平地や山の林で暮らし、都会でもよく見られる。
    「ピー、ピー、ヒーヨ、ヒーヨ」と騒がしく鳴くことからその名が付けられた。
    いつも木の上で生活し、地上に降りることは少ない。
    果実、木の実、花、蜜、虫を食べ、小鳥のヒナやトカゲも狙う。
    ヒヨドリはもともと春から夏に山で子育てをし、秋から冬にかけて暖かな平地にやってくる鳥だったが、最近は1年中、住宅地や公園で暮らし、繁殖するものも増えてきた。
    5月から7月頃の繁殖期、枯れ草や枝を集めて巣をつくり、1回におよそ4~5個の卵を産む。
    ビニールのひもを材料に使うものもいる。
    秋になると数百羽の群れをつくり、暖かいところへと短い距離の渡り(季節によって生息地を移動すること)をすることもある。


    大きさ|約28センチ
    季節|1月~12月
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
    または
    漂鳥(ひょうちょう:ある地域内で季節によって居場所を変える鳥)
  • ウグイス ウグイス科
    ウグイス
    ウグイス 展示されている動植物
    「ホーホケキョ」という鳴き声が有名だが、これは繁殖期にオスが縄張りを宣言するときのさえずりで、他の時期やメスは「チャッ、チャッ」と鳴く。
    平地から山地のやぶのある林や草原で暮らし、冬は都会の公園に姿を見せるものも多い。
    オスとメスは同色で、体はグレーがかった緑色。
    目の上には淡い灰色の帯がある。
    繁殖期以外は単独で行動し、虫やクモを食べ、カキなどの果実もよくつつく。
    体を水平にして枝にとまり、尾羽根を振りながらパッパッと向きを変える。
    ヤブの中を飛び回るが、あまり長い距離を飛ぶことはない。
    繁殖期は4月から8月。
    やぶに笹やススキの枯れ葉でボール形の巣をつくり、1回におよそ4~6個の卵を産む。

    大きさ|約15センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
    または
    漂鳥(ひょうちょう:ある地域内で季節によって居場所を変える鳥)

    鳴き声を聞く

  • ヤブサメ ウグイス科
    ヤブサメ
    ヤブサメ 展示されている動植物
    春に、冬の間を過ごしてきた東南アジアから帰ってくる。
    笹が茂っているうす暗い林で暮らし、あまり茂みから出てこないので見つけにくい鳥でもある。
    繁殖期以外は単独で行動するものが多く、茂みの中や地上を跳ね歩き虫やクモを探して食べる。
    その動きはまるでネズミのようにも見える。
    オスとメスは同色。
    体は茶色で、頭部に白いまゆ毛のような帯があり、尾羽根は短い。
    5月から7月頃、繁殖期にオスは「シンシンシン」と虫の音のような声で鳴き、縄張りの中では「チャッチャッ」と警戒音を出す。
    木の根元や地面のくぼみにコケや落ち葉を集めてカップ状の巣をつくり、1回におよそ5~7個の卵を産む。
    秋、子育てが終わると南へ渡っていく。

    大きさ|約11センチ
    季節|4月~10月頃
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)
  • エナガ エナガ科
    エナガ
    エナガ 展示されている動植物
    日本で一番くちばしが短い鳥。
    小さな丸い体に長い尾羽根がよく目立つ。
    オスとメスは同色。白い頭で目の上には黒い帯がある。
    肩には淡いぶどう色の羽が混じっている。
    平地から山地のマツ林などで暮らし、木の多い住宅地や公園でも見られる。
    「ジュリ、ジュリ、ツリリ、チーチー」と繁殖期に関係なく1年中さえずっている。
    繁殖期以外は小さな群れをつくって生活し、シジュウカラなど他の鳥と一緒に群れることもある。
    枝先で虫やクモ、木の実を食べる。
    また、春先にはカエデなどの樹液も飲む。
    繁殖期は2月から6月頃。
    木の枝にクモの糸でコケを貼り付けた楕円形の巣をつくり、1回におよそ7~12個の卵を産む。

    大きさ|約14センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • センダイムシクイ ムシクイ科
    センダイムシクイ
    センダイムシクイ 展示されている動植物
    春に、冬の間を過ごしてきた東南アジアから飛んでくる。
    低い山のコナラやカエデなどの落葉広葉樹が広がる林で生活しているが、春と秋の時期には、公園や住宅地でも見ることができる。
    オスとメスは同色。
    頭から背中にかけて暗い緑色、目の上にはまゆのような白く長い線がある。
    枝の上でたえず体を動かし、葉先にとまっては葉や枝についている虫やクモを捕って食べている。
    5月から6月頃、繁殖期になるとオスは「チョチョビィー」とさえずり、それが「焼酎一杯ぐぃ~」とも聞こえる。
    林の中の地面や土手のくぼみなどに枯れ草や落ち葉を集めて、入口が斜めに空いたボール状の巣をつくり、1回におよそ5~6個の卵を産む。

    大きさ|約13センチ
    季節|4月~10月頃
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)
  • メジロ メジロ科
    メジロ
    メジロ 展示されている動植物
    平地から低い山の林に暮らし、公園や庭園、家の庭にもやってくる。
    オスとメスはほぼ同色。
    頭から背中にかけて黄緑色で目のまわりの白いリングがよく目立つ。
    1年中ペアで生活するものが多く、木々の間を軽快に動いては、クモやアブラムシなどを食べる。
    エサ台をおくとよく集まりミカンやリンゴ、それらのジュースも飲む。
    花の蜜や花粉も大好物で、ツバキやサクラ、ウメなどの花に集まり蜜を吸い、花粉を食べる。
    そのときメジロの顔や体にはたっぷりと花粉がつくために、受粉させる役割を果たしている。
    繁殖期は4月から6月頃。
    低い木の枝にコケや草の茎をクモの糸でくっつけたカップ状の巣をつくり1回におよそ3~5個の卵を産む。

    大きさ|約12センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる