TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

鳥類図鑑

数多くの野鳥と出会えるのも高尾山の醍醐味の1つです。その数は、100種類以上にのぼり、まさに高尾山は鳥たちの楽園、日本の代表的バードウォッチングスポットと言えます。繁殖や越冬のために渡ってくる夏鳥・冬鳥や高尾山に棲みつく留鳥たちが、求愛や縄張りを主張するため美しくさえずる姿など、さまざまな野鳥の生態を目と耳で楽しめます。

  • キレンジャク レンジャク科
    キレンジャク
    キレンジャク レンジャク科
    シベリア東北部の繁殖地から冬を越すために渡ってくる。
    日本には10月頃、平地や山の林を目指して飛んでくる。
    北日本に多く、北海道では市街地の公園や街路樹にも姿を見せる。
    オスとメスはほぼ同色。
    体は赤みがかった茶色で黒い尾の先に黄色い帯がある。
    頭には冠のような羽根があり、興奮するとキリッと立ち上げる。
    よく群れになって行動し、葉の落ちた広葉樹にとまり「チリチリチリ」と鈴の音のような声で鳴く。
    好物は木の実で、ヤドリギ、イボタノキ、ナナカマドなど、いろいろな木の実を食べる。
    空中で虫を捕まえて食べることもある。
    年によって渡り(季節的によって生息地を移動すること)の数に変化があり、ほとんどやってこない年もある。

    大きさ|約20センチ
    季節|10月~5月頃
    冬鳥(ふゆどり:秋に渡来して冬を越し、春に去る渡り鳥)
  • ヒレンジャク レンジャク科
    ヒレンジャク
    ヒレンジャク 展示されている動植物
    10月頃、シベリアの繁殖地から冬を越すために日本に渡ってくる。
    低い山の林で暮らし、市街地の公園などでもよく見られる。
    見た目はキレンジャクとそっくりで、頭には冠のような羽根があり、体の色も赤みがかった茶色をしている。
    鳴き声も「チリチリチリ」とよく似ている。
    見分けるポイントは、ヒレンジャクの体の方が少し小さいことと、黒い尾羽根の先に赤い帯があるところである。
    いつも群れになって行動し、1本の木に集団でとまっている。
    電線に並んでとまることも多く、飛ぶときは一斉に飛び立っていく。
    木の実を好むが、空中で虫も捕まえて食べる。
    5月下旬頃、夏を迎える前に北へと向かう。

    大きさ|約18センチ
    季節|10月~5月頃
    冬鳥(ふゆどり:秋に渡来して冬を越し、春に去る渡り鳥)
  • ゴジュウカラ ゴジュウカラ科
    ゴジュウカラ
    ゴジュウカラ ゴジュウカラ科
    ケヤキなど落葉広葉樹の大木がある林を好んで暮らす。
    1羽かペアで生活するものが多いが、シジュウカラ科の鳥と一緒に行動するものもいる。
    足と指が強く、じょうぶでとがったくちばしが特徴的。
    頭を下げ逆さになって木の幹を動き回ることができ、虫やクモを捕まえる。
    かたい木の実などは木のわれ目にはさんで突き割って食べる。
    オスとメスはほぼ同色。
    頭から背にかけてはグレーがかった青色、目を横切る黒い線がある。
    4月から6月頃、繁殖期になるとオスは「フイフイ」と高い声でさえずり、巣づくりはキツツキの古巣を利用する。
    泥で穴の入口を狭め、落ち葉や木の皮を敷いて、1回におよそ5~8個の卵を産む。

    大きさ|約14センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)

    鳴き声を聞く

  • ミソサザイ ミソサザイ科
    ミソサザイ
    ミソサザイ ミソサザイ科
    キクイタダキと並び日本で最も小さい鳥の一つ。
    渓流や谷沿いのうす暗い林の中で暮らしている。
    オスとメスは同色。
    全身はまだら模様のあるこげ茶色をしている。
    地面からあまり離れず、短い尾羽根をピンと立て倒木や岩の間を跳ね歩きながら虫やクモを食べる。
    繁殖期以外は1羽で活動し、開けた明るいところにはほとんど出てこない。
    5月から8月頃の繁殖期にオスは岩や切り株にとまって、「ピピチュイチュイリリリ」と小さな体に似合わない大きな声でさえずる。
    岩かげや川に架かる橋の下、山小屋の軒下などにボール状の巣をつくり1回におよそ4~6個の卵を産む。
    巣のまわりに枯れ草を貼りつけてカムフラージュ(目くらまし)することもある。

    大きさ|約11センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • ムクドリ ムクドリ科
    ムクドリ
    ムクドリ ムクドリ科
    川原や畑、明るい林で暮らし、都会の公園でもよく見られる身近な鳥。
    オレンジ色のくちばしと脚がよく目立つ。
    体全体は黒っぽいグレーでほおが白い。
    オスの頭は黒く、メスはグレーなので見分けがつく。
    1年中群れで生活するものが多く、夜は決まったねぐらに帰る。
    秋から冬にかけての夕暮れどき、何万羽もの大きな群れでねぐらに向かう光景を見ることもある。
    虫やミミズ、果実や木の実を食べ、特に草刈り後の芝地や草地によく集まってくる。
    木の穴に枯れ草や羽を集めて巣をつくるが、家の壁の隙間、戸袋につくることもある。
    また巣箱にも入ることも多い。
    繁殖期は3月から7月頃、1回につきおよそ5~6個の卵を産む。

    大きさ|約24センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • カワガラス カワガラス科
    カワガラス
    カワガラス カワガラス科
    山のきれいな川で暮らす鳥で、名前にカラスとつくが、実際にはそれほど近縁種ではない。
    繁殖期以外は1羽でいることが多く、縄張りをつくって行動している。
    「ピッ」と鳴きながら水面ぎりぎりを飛び回る。
    石や流木にとまっては、尾羽根を上下に動かし、翼をパッパッと半開きにして休んでいる。
    ずんぐりとした体型と太くがんじょうな脚が特徴。
    そのたくましい脚で川底を歩き、上流に向かって水中を泳ぐように進みながら、トビケラやカワゲラなどの水生昆虫や小さな魚を食べる。
    繁殖期は他の鳥のより早い2月から6月頃。
    小さな滝やダムの奥にある岩のくぼみにたくさんのコケを集めて巣をつくり1回につきおよそ4~6個の卵を産む。

    大きさ|約22センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • トラツグミ ヒタキ科
    トラツグミ
    トラツグミ ヒタキ科
    日本にいるツグミの仲間では最も大きい。
    一枚一枚の羽根の色は、黒いふちどりがある黄金色で、それがまるでトラの模様のように見えることから「虎鶇(とらつぐみ)」の名が付けられた。
    いつもうす暗い林の中で暮らし、地上を跳ね歩きながら落ち葉をひっくり返しては、虫やミミズ、カタツムリを見つけて食べている。
    危険を感じると木の枝にとまったまま、長い間ジッとしていることがある。
    夜中に「ヒィー、ヒュー」と口笛のようにさえずる。繁殖期は4月から7月頃。
    木の股にコケや松葉を集めて巣をつくり、1回につきおよそ4~5個の卵を産む。

    大きさ|約30センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
    または
    漂鳥(ひょうちょう:ある地域内で季節によって居場所を変える鳥)

    鳴き声を聞く

  • シロハラ ヒタキ科
    シロハラ
    シロハラ 展示されている動植物
    冬を越すために渡ってくる鳥で、ロシアと中国東北部の国境を流れるウスリー川流域や朝鮮半島が生まれ故郷。
    日本では平地から山の林で暮らし、木の多い公園や果樹園にも姿を見せる。
    いつもうす暗い林の地面を跳ね歩き、開けたところには余り姿を見せない。落ち葉の下や土の中からミミズや昆虫の幼虫を探し、木の実も食べる。
    オスとメスはほぼ同色。
    頭がグレーで背中は暗い緑色をおびたこげ茶色。
    腹はグレーでその中心あたりがシロハラの名前どおりに白く際立っている。
    「キョキョキョ」と鳴き、飛び立つとき「ツィー」と大きな声を出す。
    春には北へと帰っていくが、長崎県の対馬で繁殖するものもいる。

    大きさ|約25センチ
    季節|11月~3月頃
    冬鳥(ふゆどり:秋に渡来して冬を越し、春に去る渡り鳥)
  • アカハラ ヒタキ科
    アカハラ
    アカハラ ヒタキ科
    季節によって住む場所を変える鳥。
    高尾山には春から夏にかけてやってくる。
    オスとメスはほぼ同色。
    頭は黒く、胸からわき腹にかけての鮮やかなオレンジ色の羽根が目立つ。
    平地から山のカラマツ林など明るい針葉樹林を好んで暮らし、林の中の地面を跳ね歩きながら、土をほじってミミズや昆虫の幼虫を探し、木の実も食べる。
    5月から8月頃の繁殖期、オスは「キョロンキョロンチー」と美しい声でさえずる。
    つるが絡まりついた枝や斜めに倒れた木を見つけ、枯れ草やコケを集めたカップ状の巣をつくり1回につきおよそ3~5個の卵を産む。
    冬は山をおりて都会の公園などにも立ち寄りながら、暖かな地方や東南アジアに渡っていく。

    大きさ|約24センチ
    季節|4月~8月頃
    漂鳥(ひょうちょう:ある地域内で季節によって居場所を変える鳥)

    鳴き声を聞く

  • ツグミ ヒタキ科
    ツグミ
    ツグミ 展示されている動植物
    秋に繁殖地のシベリアから大群で日本に渡ってくる冬鳥の代表格。
    日本各地にちらばって、林、畑、川原、公園や住宅地のエサ台にも飛んでくる。
    よく茂った林ややぶをねぐらに暮らし、渡って間もないころは群れをつくるが、冬になると1羽で行動するものが多い。
    地面の上を跳ね歩いては、立ち止まって胸を張る。
    ツグミはよくこのような動作を繰り返しながらエサを探す。
    落ち葉や土をほじってミミズや昆虫の幼虫を捕まえ、カキなどの果実やピラカンサの実を好んで食べる。
    「キュキュ」と続けて鳴き、秋の渡りのころは「ツィー」と飛びながら鳴く。
    春にはまた群れをつくり、子育てのために北へと帰っていく。

    大きさ|約24センチ
    季節|10月~4月頃
    冬鳥(ふゆどり:秋に渡来して冬を越し、春に去る渡り鳥)
  • コルリ ヒタキ科
    コルリ
    コルリ ヒタキ科
    冬、春の間を過ごしてきた東南アジアから日本に飛んでくる。
    オスは頭から背中にかけて暗い青色で腹部が白い。
    メスは体全体が緑がかった茶色をしている。
    標高1,500メートルくらいまでの低い山に生息し、とくにケヤキなどがしげる落葉広葉樹林を好んで暮らす。
    1羽かペアで縄張りをつくり、虫やクモ、ミミズを捕って食べる。
    笹や低い木の茂みをねぐらにして、あまり開けた明るいところには余り姿をみせない。
    5月から7月頃の繁殖期になるとオスは「チッチッチッ」とさえずる。
    倒れた木のわきの地面に松葉や枯れ枝、落ち葉を集めてカップ状の巣をつくり、1回につきおよそ4~6個の卵を産む。
    秋を迎えると中国南部やインドシナ半島へ渡っていく。

    大きさ|約14センチ
    季節|4月~10月頃
    夏鳥(なつどり):ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)

    鳴き声を聞く

  • ルリビタキ ヒタキ科
    ルリビタキ
    ルリビタキ 展示されている動植物
    オスは頭から尾にかけての青い羽根が美しく、わき腹のオレンジ色が印象的。
    メスは体全体が緑色をおびた茶色をしている。
    季節によって生活場所を変える鳥で、春から夏は子育てのため標高1,500メートルくらいの山の針葉樹林で暮らしている。
    冬が近づくと低いところにおりてきて、高尾山のような森林や木の多い公園などに姿を見せる。
    1羽で行動することが多く、オス・メスともに縄張りをつくり活動。
    虫やムカデ、クモなどを捕り、冬は木の実もよく食べる。
    6月から8月頃の繁殖期にオスは高い枝にとまり「ピチチュリ、ヒョロロ」とさえずる。
    倒れた木の根元などにコケや枯れ葉を集めたカップ状の巣をつくり3~5個の卵を産む。

    大きさ|約14センチ
    季節|11月~3月頃
    漂鳥(ひょうちょう:ある地域内で季節によって居場所を変える鳥)

    鳴き声を聞く

  • ジョウビタキ ヒタキ科
    ジョウビタキ
    ジョウビタキ 展示されている動植物
    秋、繁殖地のシベリアから日本へ渡ってくる。
    低い山の林、川原、公園など明るく開けた場所で冬を過ごす。オスは頭と首の後ろが銀色、腹部のオレンジ色がよく目立つ。
    メスにも尾羽根にオレンジ色がまじるが、全体的にグレー。
    渡ってきて間もないころは、よく枝や杭の上など目立つところにとまって「ヒィヒィ」と鳴いて縄張りを宣言する。
    おじぎをしてから尾をふり「カッカッ」という声もよく出す。
    この声が火打石をたたく音に似ていることから「ヒタキ」の名が付けられた。
    1羽で行動することが多く、虫やクモを捕り、生け垣のマサキやピラカンサの実を食べる。春先には子育てのため北へ帰っていく。

    大きさ|約14センチ
    季節|10月~3月頃
    冬鳥(ふゆどり:秋に渡来して冬を越し、春に去る渡り鳥)
  • コサメビタキ ヒタキ科
    コサメビタキ
    コサメビタキ ヒタキ科
    春に冬の間を過ごしてきた東南アジアから日本に帰ってくる。
    平地から山の明るい林を好んで暮らし、繁殖期以外は1羽で行動することが多い。見通しのよい枝にとまり狙いを定めて飛んでいる虫を空中で捕まえ、また同じ枝に戻って獲物を食べる。
    コサメビタキにはこうした行動を繰り返す習性がある。
    5月下旬から6月下旬頃の繁殖期を迎えるとオスは「チッヂョチチチ」とさえずる。
    水平にのびた太い横枝の上に巣をつくり4~5個の卵を産む。
    巣の外側にコケや木の皮をクモの糸でくっつけて、木のこぶそっくりにカムフラージュ(目くらまし)する。
    子育てを終えた10月頃に再び渡り(季節的によって生息地を移動すること)の時期を迎え、都会の公園などでも見ることができる。

    大きさ|約13センチ
    季節|4月~10月頃
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)
  • キビタキ ヒタキ科
    キビタキ
    キビタキ 展示されている動植物
    春に東南アジアから日本に飛んでくる。
    平地から山にかけての高い木が多い林で暮らす。
    オスはその名のとおり、のどから胸にかけて明るい黄色がよく目立つ。
    メスは頭から背中にかけて緑がかったグレーで地味である。
    木の枝にとまり、あまり活発には動かずに枝や葉についた虫やクモを食べるが、ときには空中で飛んでいる虫を捕る。
    5月から7月頃の繁殖期に、オスは「ピッコロロ」「ツクツクオーシ」などいろいろなバリエーションでさえずり、他の鳥の鳴きまねもうまい。
    木の穴、建物の軒下や戸袋などに落ち葉やコケを集めて巣をつくり、4~6個の卵を産む。
    春と秋の渡り(季節的によって生息地を移動すること)の時期には、都会の公園でも見ることができる。

    大きさ|約15センチ
    季節|4月~10月頃
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)

    鳴き声を聞く

※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる