TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

鳥類図鑑

数多くの野鳥と出会えるのも高尾山の醍醐味の1つです。その数は、100種類以上にのぼり、まさに高尾山は鳥たちの楽園、日本の代表的バードウォッチングスポットと言えます。繁殖や越冬のために渡ってくる夏鳥・冬鳥や高尾山に棲みつく留鳥たちが、求愛や縄張りを主張するため美しくさえずる姿など、さまざまな野鳥の生態を目と耳で楽しめます。

  • ヤマドリ キジ科
    ヤマドリ
    ヤマドリ 展示されている動植物
    日本だけにいるキジの仲間。
    キジよりもひと回り大きく、オスの尾羽根は自分の体よりも長くて印象的。
    また明るい場所が好きなキジと比べ、ヤマドリは暗い林内を好む。
    オスもメスも全体的に茶色っぽい色をしているため、林の中では周囲に溶け込んで見つけにくい。
    鳴き声も「クククク」と控えめなのでなお目立たない。
    木々の間を歩いて、虫、ミミズ、草や木の種、木の芽を見つけて食べる。
    4月から6月の繁殖期、いつもは控えめなヤマドリのオスも活動的になり、「ドドドド」と羽根を打ち鳴らす母打(ほろうち:翼をはばたかせて音をたてること)をして、縄張りを宣言する。
    巣は木の根元や倒れた木のくぼみに、落ち葉や木の皮を集めてつくり1回におよそ7~10個の卵を産む。

    大きさ|オス約125センチ(尾羽根を含む)メス約55センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • コジュケイ キジ科
    コジュケイ
    コジュケイ キジ科
    もともとの生まれ故郷は中国南部。
    大正8(1919)年、東京都と神奈川県で20羽のコジュケイを放したことがきっかけで、今では全国に生息するようになった外来種である。
    生活の場所は、平地や雑木林、竹やぶ、草むらなど。
    秋から春先にかけて群れで暮らし、草や木の種や実、若葉や木の芽、ミミズなどを食べる。
    「ちょっと来い」とも聞こえる大きな声で鳴くのが特徴で、その鳴き声は、里山で暮らす鳥の代表として、テレビや映画の時代劇の効果音によく使われてきたというエピソードもある。
    5月から6月頃の繁殖期にはペアになり、やぶの茂みに浅いくぼみを掘って、枯れ草などを敷いて巣をつくり、1回におよそ7~8個の卵を産む。

    大きさ|約27センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)

    鳴き声を聞く

  • カルガモ カモ科
    カルガモ
    カルガモ カモ科
    日本全国で繁殖する唯一のカモ。
    湖や沼、川、水田、公園の池など各地の水辺で暮らしている。
    都会のビル街の人工の池で子育てをすることもあり、よくTVなどで度々取り上げられて話題になる。
    カモの仲間は、メスよりオスの羽根の色が派手な種類が多いが、カルガモの場合はほとんど同色である。
    日中は休んで夜に活動するのが普通だが、最近は数が増えてきたこともあり、市街地の公園の池などでは昼間でも盛んにエサを食べている。
    主に草の実を好むが、雑食性で魚や虫なども食べる。
    4月から7月上旬の繁殖期には、水辺近くの茂みに枯れ葉や枯れ草を集め、親鳥の胸の羽毛を敷いた巣をつくり、1回におよそ8~13個の卵を産む。

    大きさ|約61センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • キジバト ハト科
    キジバト
    キジバト ハト科
    羽根の赤茶色の模様がキジに似ていることから、その名がついた。
    ヤマバトとも呼ばれ、もともとは山や畑などで暮らしている鳥だったが、今では町の公園や街路樹でも繁殖する。
    電線などにとまって「デーデッポーポー」と低い声で繰り返し鳴く。
    主食は木の実や草の種などで、よくエサ台におかれたパンくずや穀類も食べる。
    キジバトは、1年を通してペアで生活するものが多く、とても夫婦仲のよい鳥である。
    繁殖期になるとオスは、メスの気を引くために、おじぎをする動作を繰り返し、バタバタと急上昇しては滑空する求愛行動をとる。
    4月から7月、木の上に枝を集めて簡単な巣をつくり、1回におよそ2個の卵を産む。

    大きさ|約33センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • アオバト ハト科
    アオバト
    アオバト 展示されている動植物
    全体が黄緑色でくちばしの水色が印象的な美しいハト。
    オスとメスはほぼ同色だが、オスの翼には紫色の羽根があるので見分けやすい。
    アオバトは森林に暮らす鳥で、クヌギやカエデ、ミズナラなどが茂る広葉樹林の中で群れをつくって生活している。
    ひらけた場所に姿を見せることはめったにない。
    木の上でドングリなどの木の実、新芽、果実を食べる。
    また、初夏から秋には、塩分をとるために海岸まで出かけて海水を飲み、山でも塩分を含む温泉水を飲みに集まる。
    繁殖期になるとオスは「オーアーオー」とさびしげな声で長く続けて鳴く。
    6月頃、木の上に小枝やつるを使って皿形の巣をつくり、1回におよそ2個の卵を産む。

    大きさ/約33センチ
    季節/1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
    または
    漂鳥(ひょうちょう:ある地域内で季節によって居場所を変える鳥)

    鳴き声を聞く

  • ドバト ハト科
    ドバト
    ドバト ハト科
    公園や神社などで日常的に見ることができ、一般には「ドバト」と呼ばれることが多いが、本来はヨーロッパでカワラバトを品種改良した伝書鳩が野生化した外来種。
    模様は、首もとのつやがある紫色や緑色の羽毛と翼の2本の黒い線が代表的だが、品種改良が行なわれてきたため、黒やグレー、栗色など、いろいろな羽根の色を持つものがいる。
    ハトには他の鳥にない特徴があり、例えばほとんどの鳥は水を飲むときに一度口に含んでから頭を上げて飲むが、ハトは口をつけたまま飲むことができる。
    子育てでは、オスもメスも「そのう」という器官でつくったピジョンミルクと呼ばれる分泌物をヒナに与えて育てる。

    大きさ|約31〜34センチ
    季節|1月〜12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • ミゾゴイ サギ科
    ミゾゴイ
    ミゾゴイ サギ科
    夏に日本だけで繁殖するサギの仲間。
    低い山の沢沿いのうす暗い林で、ペアか単独で暮らす。
    体は濃い茶色でオスとメスは同色。
    日中は茂みの中で休んでいることが多く、夕方になるとエサ場となる小川やため池へ飛び立ち、ミミズ、ザリガニ、カエル、魚を食べる。ミゾゴイは、危険を感じると、くちばしを上に向け、直立してじっとする行動をとる。
    これは自分の体を木の枝のように見せる擬態(ぎたい)と考えられている。
    5月から7月の繁殖期、オスは「ボーボー」と太い声でゆっくりと繰り返し鳴きメスを誘う。
    沢につきだした枝に小枝を重ねて皿形の巣をつくり1回におよそ4~5個の卵を産む。
    子育ての夏を終えると東南アジアに渡って冬を越す。

    大きさ|約49センチ
    季節|4月~9月頃
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)
  • ゴイサギ サギ科
    ゴイサギ
    ゴイサギ サギ科
    平地や丘陵地の林の中で他のサギ類と一緒に、コロニーという繁殖のためのエリアをつくって生活する。
    日中はコロニーで過ごし、夜になると川や沼、池などの水辺に向かい、魚やカエル、ザリガニなどを狙う。
    獲物が近づくのをジッと待って、素早くくちばしで捕える。
    オスとメスは同色で、雰囲気がペンギンに似ているという人もいる。
    成鳥になると頭の後ろに2本の飾り羽が生える。
    1年目の若鳥は、茶色の体に白い斑点模様があるのでホシゴイと呼ばれ、親と比べると別の鳥のように見える。
    繁殖期は4月から8月頃。
    コロニーにある木の上に枯れ枝を積んで厚みのある巣をつくり、1回におよそ4~6個の卵を産む。

    大きさ|約57センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • アオサギ サギ科
    アオサギ
    アオサギ サギ科
    日本で見られるいちばん大きなサギ。
    体は細く、脚も首も長くとてもスマートな鳥である。
    体の色は、青みのあるグレーでオスとメスは同色。
    成鳥は頭に黒い飾り羽根があるが、若鳥にはない。
    海岸、干潟、川、湖や沼、湿地などで生活し、高尾山の渓流の水辺にもときどき姿を見せる。
    日中は群れで休み、夕方から朝にかけてエサを捕る。獲物は、魚やカエル、ザリガニ。
    ヘビ、ネズミ、鳥のヒナを狙うこともある。
    小さな魚はくちばしで上手につまみ、大きな魚はくちばしで刺して捕まえる。
    コロニーという繁殖のためのエリアをつくり、林の高い木に枝を積み上げた皿形の大きな巣をつくる。
    繁殖期は4月から5月、1回におよそ3~6個の卵を産む。

    大きさ|約93センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • コサギ サギ科
    コサギ
    コサギ サギ科
    白いサギを「シラサギ」と呼ぶが、コサギはその中で小型の種類。
    大きさは大きいほうからダイサギ、チュウサギ、コサギの順。
    また、くちばしの根元と足指が黄色いところがコサギの特徴で、他の種と見分けるときのポイントになる。
    湖や沼、水田、池、干潟などで暮らし、都会の川にも現れる。
    雑木林や竹やぶなどに、他のサギと混じってコロニーという繁殖のためのエリアをつくる。
    朝早く飛び立って水辺のエサ場に向かい、夕方、コロニーに帰る。
    好物は、魚、カエル、水生昆虫など。
    川の浅瀬に入り足をふるわせ、隠れている獲物を追い出して捕まえる。
    繁殖期は4月から8月頃。
    木の枝に枯れ枝を集めて皿形の巣をつくり1回におよそ4~6個の卵を産む。

    大きさ|約61センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • ホトトギス カッコウ科
    ホトトギス
    ホトトギス 展示されている動植物
    カッコウの仲間で低い山の明るい林に生息する。
    オスは「特許許可局」と聞こえる「キョッキョキョ」と大きな声で鳴き、またその声が「ホトトギス」とも聞こえることからその名が付いた。
    成鳥の背は灰色、胸に黒い縞模様がある。
    オスとメスは同色だが、まれに赤茶色のメスがいる。
    主に虫を食べ、ケムシやイモムシを好む。
    自分では巣をつくらず他の鳥の巣に卵を産んで育ててもらう托卵(たくらん)の習性がある。
    ウグイスの巣に托卵することも多く、卵の色もよく似た茶色をしている。
    繁殖期は6月から8月頃。
    他の鳥の巣から卵を1個取り出して1個の卵を産み落とす。
    秋には越冬地の東南アジアへ渡っていく。

    大きさ|約28センチ
    季節|5月~10月頃
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)

    鳴き声を聞く

  • カッコウ カッコウ科
    カッコウ
    カッコウ カッコウ科
    春に越冬地から日本に帰ってきて、アシ原(アシが群生する場所)や高原のカラマツ林など明るい場所で暮らす。
    1羽で行動することが多く、木や電線にとまって周りを見張っている。
    繁殖期にオスは「カッコウ」と大きな声で鳴き、メスは「ピピピピ」と鋭く鳴く。
    ケムシやイモムシが好物だが小鳥の卵や他の鳥のヒナを食べることもある。
    他の鳥の巣に卵を産んで育ててもらう托卵の習性があり、ヨシキリ、モズ、ホオジロなど多くの鳥の巣に卵を産む。
    卵の色はさまざまで、仮親(卵を産みつけた巣の本来の鳥)の卵に似るものが多い。
    繁殖期は5月から8月頃。
    他の鳥の巣から卵を1個取り出し1個の卵を産む。
    かえったヒナは、その巣の中にある他の卵を背中で押し出し外へ落としてしまう。

    大きさ|約35センチ
    季節|5月~10月頃
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)
  • ヨタカ ヨタカ科
    ヨタカ
    ヨタカ ヨタカ科
    山林や草原などで暮らしている。
    日中は木の枝でぺったりとうずくまったように眠っていて、夕方になると活動をはじめる。
    幅の広い大きな口をあけて、羽の音をたてずに低空で飛び回り、口の中に飛び込んでくるガ(蛾)やコガネムシなどを吸い込むように食べる。
    オスとメスはほぼ同色で、黒っぽい茶色の体には細かい複雑なまだら模様がある。
    繁殖期は5月中旬から8月上旬。
    オスは縄張りをつくり、夜中に木の上を飛びながら「キョキョキョ」と早口に続けて鳴く。
    特に巣らしい巣はつくらないで、林の中の開けた腐葉土におおわれた地面に2~3個の卵を産み、ヒナを育てる。
    秋には越冬地の東南アジアへと渡っていく。

    大きさ|約29センチ
    季節|4月~10月頃
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)
  • ヒメアマツバメ アマツバメ科
    ヒメアマツバメ
    ヒメアマツバメ アマツバメ科
    昔は日本の図鑑には載っていなかった小型のアマツバメ。
    昭和35年(1960年)頃から観察されるようになり、昭和42年(1967年)に初めて繁殖が確認された。
    その後は数も増え、最近は多摩周辺や東京23区内でも見られるようになった。
    「チュリリリ」と鳴きながら飛び、空中でハエやカなどを捕って食べる。
    鉄道や道路の高架下のコンクリートの壁に泥と羽で巣をつくる。
    時にはイワツバメなどの巣を拝借することもある。
    繁殖期は4月から6月頃、2~3個の卵を産む。
    ツバメ類のなかでアマツバメの仲間だけが、4本の足指を前に伸ばすことができる。
    ヒメアマツバメは、その特徴を生かしてコンクリートの壁でも垂直にとまることができる。

    大きさ|約13センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • トビ タカ科
    トビ
    トビ 展示されている動植物
    湖岸、川原、街中で暮らすタカの仲間。
    「ピーヒョロロロ・・・」と鳴きながら、上空でゆっくりと円を描くように飛ぶ様子はよく知られており、「トンビ」の名でも親しまれている。
    繁殖期以外は群れで行動し、朝方にねぐらを飛び立ちエサを探しに向かう。
    動物の死体や魚、虫、カエルなどを食べ、ゴミ捨て場にきて残飯を狙うこともある。
    オスとメスは同色で、成鳥は体全体がこげ茶色をしている。飛んでいるときに見上げると、トビの特徴である台形の尾羽根がよくわかる。
    3月から5月頃、繁殖期にはペアで行動し盛んに鳴く。
    大きな木の高いところに枯れ枝などを積み重ね皿形の大きな巣をつくり1回におよそ2~3個の卵を産む。

    大きさ|オス約58センチ メス約68センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる