TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

昆虫図鑑

数千種類の昆虫が棲み、箕面山(大阪)、貴船山(京都)と並び日本三大昆虫生息地に数えられる高尾山は、その種の多様さと都心からのアクセスの良さも重なって、古くから昆虫研究のフィールドとして愛されてきました。こうした経緯から、高尾山で初めて発見された種も多く、タカオシャチホコやタカオメダカカミキリなど、高尾山の名を冠に持つ昆虫も存在しています。

  • キマワリ ゴミムシダマシ科
    キマワリ
    キマワリ ゴミムシダマシ科
    北海道、本州、四国、九州などに分布。平地から山地の雑木林などに生息する。都心の街路樹などにもよく見られ、高尾山でも山道や大きな木々の周りでよく見られる昆虫のひとつ。長い脚を持ち、木のまわりをよく歩いていることから、この和名がつけられたとされている。全身ほぼ真っ黒で、背面にはやや銅色や藍色がかった光沢がある。上翅(じょうし :甲虫類の二対の翅(はね)のうち、背部をおおうかたい翅)には浅い溝状のすじがいくつも入っている。主に木材の部分を食べるため、樹林の幹のあたりや朽ち木(くちき)、枯れ木などに集まることが多い。幼虫の餌も成虫と同じで、朽ち木、倒木、切り株などの中で木材の部分を食べて育つ。

    体長|約16~20ミリ
    成虫の出現期|5~8月頃
  • アオハムシダマシ ゴミムシダマシ科
    アオハムシダマシ
    アオハムシダマシ ゴミムシダマシ科
    本州、四国、九州と、対馬、屋久島などに分布。平地から低山地の野草の生える草原や緑地、雑木林に生息する。細長い筒状をした体は、頭部から胸部、腹部に至るまで金属的な光沢のある鮮やかな緑色をしている。触角と脚はうすい黄褐色で、関節付近などは暗褐色となっている。タマムシなどと並んでメタリック系の美しい甲虫として昆虫好きに知られる。春先から初夏にかけて姿を現わし、山林に生えるコガクウツギ、リョウブなどの花の上にいることが多い。それらの蜜を主な餌としている。

    体長|約9~12ミリ
    成虫の出現期|4~6月頃
  • アカガネサルハムシ ハムシ科
    アカガネサルハムシ
    アカガネサルハムシ ハムシ科
    北海道、本州、四国、九州、沖縄に分布。低地から山地の雑木林やその周辺の草むらなどに生息する。畑などでもよく見かけられる。個体差はあるが、多くは上翅(じょうし:甲虫類の二対の翅(はね)のうち、背部をおおうかたい翅)の大部分が名前にあるように赤銅色をしており、それ以外の部分はメタリックグリーンとなっている。角度によって色合いが変わって見えることもあり、非常に美しい。春先から夏にかけて見られ、エビヅルなどブドウ類、トサミズキ、ハッカなどの葉を食べる。普段は、これらの植物の葉の上にいることが多い。幼虫は土の中で成虫と同じ植物の根を餌にしており、幼虫、成虫ともブドウの害虫として知られる。

    体長|約5~7ミリ
    成虫の出現期|5~8月頃
  • イタドリハムシ ハムシ科
    イタドリハムシ
    イタドリハムシ ハムシ科
    北海道、本州、四国、九州に分布。平地から山地の森林や草地、農作物の畑や河原の草むらなどに生息する。テントウムシの仲間のような色と模様を持つハムシで、頭部と胸部は光沢のある黒色、上翅(じょうし:甲虫類の二対の翅(はね)のうち、背部をおおうかたい翅)は地色が黒で、上と下に大きなオレンジ色の斑紋が並ぶ。この模様の形や色味は個体によってかなり違い、全体に大きく広がるものから一部のみ染まるものまでいる。太くて長い触角もよく目立つ。ハムシの仲間は種類によってそれぞれ異なる植物の葉を食べるが、イタドリハムシは名前にもなっているようにイタドリを好み、その葉の上で見かけることが多い。ほかにギシギシやスイバなどの葉も食べる。

    ※ここでは、「斑点」は点状の模様、「斑紋」はある程度大きな模様を指しています。

    体長|約7~9ミリ
    成虫の出現期|4~9月頃
  • コガタカメノコハムシ ハムシ科
    コガタカメノコハムシ
    コガタカメノコハムシ ハムシ科
    本州、四国、九州、沖縄に分布。平地から山地の雑木林や緑地などに主に生息する。カメノコハムシの仲間の多くは、胸部と上翅(じょうし:甲虫類の二対の翅(はね)のうち、背部をおおうかたい翅)のふちが大きくせり出し、陣笠やヘルメットのような形をしているのが特徴で(ジンガサハムシという種類もいる)、脚や触角を完全に隠すことができる。本種は上から見るとやや四角ばっており、表面にはいくつもの凹凸がある。上翅の黒い模様は前縁と後部の4か所の縁までのびていて、手足を出した「亀の子」を思わせる。幼虫、成虫ともにボタンヅルの葉を食べる。メスは卵を産むと、そのまわりにフンを塗る習性がある。幼虫は脱皮した抜け殻を背負ったまま成長する。

    体長|約4~7ミリ
    成虫の出現期|5~9月頃
  • イチモンジカメノコハムシ ハムシ科
    イチモンジカメノコハムシ
    イチモンジカメノコハムシ ハムシ科
    本州、四国、九州、沖縄と、対馬、屋久島などに分布。平地から山地の緑地や草むらなどに生息する。せり出した部分はほとんど半透明で、体の上からプラスチックのカバーをかけているようにも見える。翅(はね)の後方に、縁に接する黒斑が一対あり、これが腹部の暗色部分とつながって太い帯模様となり、「一」の字を思わせる。春先から姿を見せはじめ、ムラサキシキブやコムラサキ、シロシキブなどの葉を食べる。これらの葉の裏にいることが多く、幼虫も同じ植物の葉を食べる。幼虫は自分のフンや抜け殻を尾の先につけるという習性を持つ。

    体長|約8~9ミリ
    成虫の出現期|4~10月頃
  • ヨツスジハナカミキリ カミキリムシ科
    ヨツスジハナカミキリ
    ヨツスジハナカミキリ カミキリムシ科
    北海道、本州、四国、九州と、伊豆諸島北部の島、利尻島、佐渡島、隠岐島、五島列島などに分布。平地から山地の雑木林や草原などに生息する。名前のとおり、上翅(じょうし :甲虫類の二対の翅(はね)のうち、背部をおおう硬い翅)に黄褐色から白色の4本の帯が入っている。脚は黄褐色でやや細身の体型をしており、ハチの仲間に擬態しているといわれている。
    6月中旬頃から姿を見せ始める。花の花粉や蜜を餌にするハナカミキリの仲間で、アジサイ類、ノリウツギ、クリ、リョウブ、ミズキなどの花に来る。トラカミキリの仲間にもよく似た模様の種類のものがあるが、胸部が細いことで見分けがつく。幼虫はエゾマツ、アカマツなどの針葉樹のなかで木の内部を食べて成長する。

    体長|約12~20ミリ
    成虫の出現期|6~9月頃
  • アカハナカミキリ カミキリムシ科
    アカハナカミキリ
    アカハナカミキリ カミキリムシ科
    北海道、本州、四国、九州、沖縄と、利尻島などに分布。平地から山地の林の中などに生息する。名前のとおり、頭部を除く全身が褐色がかった赤い色をしている。高尾山には比較的多く生息しており、目立つ体色なので見つけやすい。まれに胸部が黒いものもいる。触角は体長よりも短く、先の方がノコギリ状になっている。真夏に姿をみせ、野原や雑木林などを飛んで移動し、シシウドやノリウツギなどの花にとまり、花粉や蜜を食べる。幼虫はエゾマツ、アカトドマツなどの針葉樹の枯木や倒木、伐採された木を食べる。

    体長|約12~22ミリ
    成虫の出現期|7~9月頃
  • キマダラミヤマカミキリ カミキリムシ科
    キマダラミヤマカミキリ
    キマダラミヤマカミキリ カミキリムシ科
    本州、四国、九州と、佐渡、隠岐、対馬、屋久島などの島に分布。平地から山地の樹林や雑木林などに生息する。体全体が黄金色の微毛でおおわれていて、ビロードのように角度によって色や模様が変わって見える。胸部背面に円錐状(えんすいじょう)の突起がある。5月ごろから姿を見せ、夜行性で日中は樹上や落ち葉の下などに隠れていることが多い。日没後から活動をはじめ、樹液を求めてクヌギ、コナラ、クリなどの木に飛来する。灯火に集まることも多い。メスはクリやクヌギなどの朽ち木(くちき)に卵を産みつける。ふ化した幼虫はそれらの木材の部分を食べて成長する。

    体長|約22~35ミリ
    成虫の出現期|5~8月頃
  • ルリボシカミキリ カミキリムシ科
    ルリボシカミキリ
    ルリボシカミキリ カミキリムシ科
    北海道、本州、四国、九州に分布。平地から山地の樹林や雑木林などに生息する。名前のとおり青みの強い水色の体に大きな三対の黒斑が並ぶ、美しいカミキリムシとして知られる。この黒斑は左右のものがつながっていることもある。触角も青く節目に黒い毛の房がある。6月頃から姿を見せはじめ、日中に活動する。高尾山ではイヌブナの倒木によく見られ、コナラなどの樹液や、リョウブなどの花にも集まることがある。幼虫も成虫と同じブナ類などの木の内部を食べて成長する。

    体長|約18~30ミリ
    成虫の出現期|6~9月頃
  • ミドリカミキリ カミキリムシ科
    ミドリカミキリ
    ミドリカミキリ カミキリムシ科
    北海道、本州、四国、九州と、礼文島、対馬、隠岐、屋久島などの島に分布。平地から山地の樹林や雑木林に生息する。体は長細く、名前のとおり全体が金属的な光沢のある緑色をしているが、角度によっては赤みがかって見えることもある。胸部の側面には小さな突起が一対ある。後ろ脚が異様に長く、その長さは体長以上にもなる。適度に草木が茂った、日当たりのいい雑木林の周囲でよくみられ、ガマズミやウツギ、クリなどの花の蜜を食べる。幼虫はクリ、クヌギ、コナラなどの木の内部を食べる。オスはメスと交尾したあと、メスが産卵するまで、ほかのオスに交尾されないよう付き添う習性を持つ。

    体長|約15~21ミリ
    季節|5~8月頃
  • ベニカミキリ カミキリムシ科
    ベニカミキリ
    ベニカミキリ カミキリムシ科
    北海道、本州、四国、九州と、佐渡、隠岐、対馬などの島に分布。平地から低山地の雑木林や緑地に生息する。名前のとおりに胸部と上翅(じょうし:甲虫類の二対の翅(はね)のうち、背部をおおうかたい翅)は鮮やかな紅色で、胸部には黒い班点が並ぶ。頭部と触角、脚は黒い。オスは触角が体長よりも長く、メスは体長とほぼ同じ長さなので、容易に判別できる。よく似たヘリグロベニカミキリは上翅の後方に一対の黒い点があることで見分けられる。春先から姿を現し、ネギ、クリ、ハゼノキなどの花の蜜を食べる。幼虫はモウソウチクやマダケなどの枯れた竹材を食べるので、人家の竹垣などから羽化した成虫が出てくることもある。

    体長|約13~17ミリ
    季節|4~8月頃
  • アカジマトラカミキリ カミキリムシ科
    アカジマトラカミキリ
    アカジマトラカミキリ カミキリムシ科
    本州、四国、九州に分布。平地から山地の樹林や緑地に生息する。名前のとおり、赤いしま模様を持つトラカミキリの仲間。
    赤い部分は鮮紅色からオレンジ、ややピンクに近いものまで差がある。体長2センチに満たない小さなカミキリムシだが、体に対して触角や脚が太く、がっしりした体型に感じられる。似たような模様を持つカミキリも多いが、アカジマトラカミキリはその色彩で容易に判別がつく。成虫はケヤキなどの伐採木や大木の樹皮、イタドリ、ノリウツギなどの花の蜜を食べる。幼虫はエノキ、エゾエノキ、マメガキなどの木材の部分を食べて育つ。

    体長|約13~17ミリ
    季節|8~10月頃
  • シロトラカミキリ カミキリムシ科
    シロトラカミキリ
    シロトラカミキリ カミキリムシ科
    北海道、本州、四国、九州と、利尻、佐渡、隠岐、対馬などの島に分布。平地から山地の樹林や草地などに生息している。その名のとおり、地色はほとんど白に近い。似たような色のトラカミキリの仲間はほかにもいるが、シロトラカミキリは黒い模様が背面中央部に入らないことで区別できる。1センチを少し超えるほどの小型のカミキリムシで、姿を見せはじめるのは5月上旬頃から。日中に草木の生い茂る緑地を飛びまわり、クリ、カエデ類、ノリウツギなどの花にとまって花粉や蜜を食べる。メスはブナ、シラカシ、ケヤキなどの植物の枯木や伐採木などに卵を産みつけ、幼虫はこれらの朽ち木(くちき)のなかで木の内部を食べて育つ。

    体長|約10~16ミリ
    成虫の出現期|5~8月頃
  • ゴマダラカミキリ カミキリムシ科
    ゴマダラカミキリ
    ゴマダラカミキリ カミキリムシ科
    北海道、本州、四国、九州、沖縄と、佐渡、隠岐、対馬、種子島、屋久島などの島に分布。低地から山地の雑木林などに生息する。成虫・幼虫ともにヤナギ類、シイ類、ミカン類、カエデ類など幅広い食性を持ち、畑地などにも多いことから、もっともよく知られるカミキリムシのひとつ。高尾山でも登山道でよく見かけられる。光沢のある黒色の体には白い斑点が散らばる。触角は水色と黒のしま模様になっていて、オスは体長の2倍近くになるが、メスは体長1.2倍ほど。しばしば庭木、街路樹などを枯死させる被害を与えることがある。

    体長|約25~35ミリ
    成虫の出現期|6~8月頃
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる