TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

昆虫図鑑

数千種類の昆虫が棲み、箕面山(大阪)、貴船山(京都)と並び日本三大昆虫生息地に数えられる高尾山は、その種の多様さと都心からのアクセスの良さも重なって、古くから昆虫研究のフィールドとして愛されてきました。こうした経緯から、高尾山で初めて発見された種も多く、タカオシャチホコやタカオメダカカミキリなど、高尾山の名を冠に持つ昆虫も存在しています。

  • キボシカミキリ カミキリムシ科
    キボシカミキリ
    キボシカミキリ カミキリムシ科
    本州、四国、九州と、隠岐、壱岐、対馬などの島に分布。平地から低山地の森林に生息するが、農耕地や市街地の街路樹などでも見かけられる。長い触角を持つカミキリムシで、オスは体長の3倍近くにもなる。体色は黒で黄白色から黄色の斑点が散らばることが多い。初夏から秋口にかけて姿を現し、イチジク、クワ、ミカン類などの木の葉や樹皮を強力なアゴでかじりながら食べる。灯火にもよく集まる。メスはこれらの木に傷をつけ、そこに卵を産みつける。ふ化した幼虫は木材を食べながら成長する。

    体長|約14~30ミリ
    成虫の出現期|5~11月頃
  • ヤツメカミキリ カミキリムシ科
    ヤツメカミキリ
    ヤツメカミキリ カミキリムシ科
    北海道、本州、四国、九州と、佐渡、隠岐、対馬、種子島、屋久島などの島に分布。平地から山地の森林や緑地に生息する。体表は微毛におおわれており、この毛の色が異なることで、黄色から青緑色までの変異がある。上翅(じょうし:甲虫類の二対の翅(はね)のうち、背部をおおうかたい翅)の外縁に沿って8つの黒い斑点が並び、これが名前の由来となっている。他に頭部に2つ、胸部に4つの規則的な黒い斑点があるが、これは食樹となるウメやサクラの樹皮に着生するウメノキゴケへの擬態(ほかのものの様子や姿に似せること)といわれる。初夏を迎えるころから姿を現わし、オオヤマザクラ、ウメ、ソメイヨシノ、シナノキなどの老木、枯木、朽ち木(くちき)に集まって樹皮などを食べる。灯火に飛来してくることも多い。幼虫も成虫と同じくサクラなどの木の内部を食べる。

    体長|約10~18ミリ
    成虫の出現期|5~7月頃
  • ラミーカミキリ カミキリムシ科
    ラミーカミキリ
    ラミーカミキリ カミキリムシ科
    関東より西の本州、四国、九州と、対馬、隠岐、種子島などの島に分布。平地から山地の雑木林やその周辺の緑地などに生息する。外来種で、江戸時代末期に中国から輸入された植物ラミー(イラクサ科)にくっついて、当時の貿易地の長崎県入ってきたといわれる。分布域が徐々に北上してきており、これは温暖化の影響とされている。体には白緑色の地色に大きな黒い斑点模様が入り、色合いが美しい。かつては高尾山にはいなかったが、1990年代の前半ごろから見られるようになり、今では5月から8月頃にもっともよく見かけるカミキリムシのひとつとなった。日中に活動し、飛びまわりながら餌となるラミー、カラムシ、ヤブマオ、シナノキ、ムクゲといった植物の葉や茎などを食べる。幼虫は成虫と同じ植物の茎や根を食べて成長する。

    体長|約10~20ミリ
    成虫の出現期|5~8月頃
  • シロスジカミキリ カミキリムシ科
    シロスジカミキリ
    シロスジカミキリ カミキリムシ科
    本州、四国、九州と、佐渡、隠岐、対馬、奄美などの島々に分布。平地から山地の樹林や緑地に生息する。日本産のカミキリムシでは最大種となり、大きいものは体長が6センチ近くにもなる。体は黒く、全体が灰色の微毛におおわれている。上翅(じょうし:甲虫類の二対の翅(はね)のうち、背部をおおうかたい翅)に大小の黄斑がすじ状に並んでいるが、この模様は標本などでは白くなってしまうことから命名の際に「白すじ」とされた。大きな 複眼(ふくがん:小さな眼が多数集まって、ひとつの大きな眼を形成したもの)とよく発達した大あごを持つ。どちらかというと夜行性だが、日中に活動することもある。雑木林に生えるヤナギ科、クルミ科、カバノキ科、ブナ科、ニレ科などの木の樹皮をかじって食べる。またそれらの木々の樹液にも集まる。幼虫はクリ、クヌギ、シイなどの木の内部を食べて育つ。

    体長|約45~55ミリ
    季節|6~8月頃
  • ヒゲナガオトシブミ オトシブミ科
    ヒゲナガオトシブミ
    ヒゲナガオトシブミ オトシブミ科
    北海道、本州、四国、九州に分布。平地から低山地の雑木林や草むらなどに生息する。体色は地域や個体によってばらつきがあり、黄褐色に近いものもいるが、多くはつやのある赤褐色から暗褐色をしている。オスとメスで体型に違いがあり、オスは頭部と胸部がひじょうに細長く、名前のとおりに触角もとても長い独特の姿をしている。体もメスよりもオスの方が大きい。メスは胸部も触角もそれほど長くなく、別種のウスアカオトシブミに似る。姿を見られるのは初夏から真夏にかけてで、アブラチャン、コブシ、イタドリ、ケクロモジ、カナクギノキなどの葉に切れこみを入れ、卵をひとつ産んで、小さく折りたたみ、幼虫のための「ゆりかご」を作り、地面に落とす。オトシブミの名は、これを「落とし文(誰かに読ませるために地面に落とした手紙)」に見立てたもの。ふ化した幼虫は、ゆりかごとなった葉を食べて育つ。オトシブミの種類によっては、ゆりかごを落とさずに葉に残すものもいる。

    体長|約8~12ミリ
    成虫の出現期|5~7月頃
  • ヒメシロコブゾウムシ ゾウムシ科
    ヒメシロコブゾウムシ
    ヒメシロコブゾウムシ ゾウムシ科
    本州、四国、九州、沖縄と、対馬、屋久島などに分布。平地から山地の雑木林やその周辺の緑地などに生息する。全身がほぼ灰白色だが、これは非常に細かい粉状のものでおおわれているためである。この粉ははがれやすく、徐々に背面の中央などに見える地色の部分が多くなってくる。上翅(じょうし:甲虫類の二対の 翅(はね)のうち、背部をおおうかたい翅)は全体に小さな凹凸があり、名前のとおり、後方に1対のこぶ状の突起がある。よく似たシロコブゾウムシより、「ヒメ」の名のとおり、体も突起もやや小さい。姿を現わすのは春先から夏にかけて。ヤツデやウド、タラなどの葉を食べ、普段はそれらの植物の葉の上にいることが多い。

    体長|約11~14ミリ
    成虫の出現期|4~7月頃
  • カツオゾウムシ ゾウムシ科
    カツオゾウムシ
    カツオゾウムシ ゾウムシ科
    北海道、本州、四国、九州と、対馬などに分布。平地から山地の雑木林や緑地などに生息する。ユニークな名前は、くびれのない流線型の細長い体型で、全体が赤褐色の粉におおわれており、あたかも「鰹節(かつおぶし)」のように見えることに由来する(なぜ「ぶし」が省略されているのかは不明)。粉が落ちた個体は地の色が出て黒っぽく見える。上翅 (じょうし:甲虫類の二対の翅(はね)のうち、背部をおおうかたい翅)の後端は鋭角にとがっている。よく似た種類のハスジカツオゾウムシは上の翅に黒いV字型の模様があり、上の翅の後端の角度が広いことで区別できる。イタドリやミゾソバなどのタデ科植物の葉を食べ、それらの葉の上にいることが多い。幼虫は同じ植物の茎の内部を食べる。

    体長|約10~12ミリ
    成虫の出現期|5~8月頃
  • オジロアシナガゾウムシ ゾウムシ科
    オジロアシナガゾウムシ
    オジロアシナガゾウムシ ゾウムシ科
    本州、四国、九州に分布。平地から山地の林やその周辺の緑地、草原などに生息する。全体の地色は黒で、ところどころに 鱗毛(りんもう)という細かい毛が密生し、その部分が白くなっている。上翅(じょうし:甲虫類の二対の翅(はね)のうち、背部をおおうかたい翅)の後部はほぼ白く、オジロの名はこれに由来する。アシナガゾウムシは分類上のグループ名で、本種ではそれほど脚の長さは目立たない。春先から姿を現わし、幼虫も成虫もクズを食べ、成虫はクズの葉の上でよく見ることができる。危険を察知すると脚をたたみ、死んだように動かなくなる習性がある。メスはクズの茎に傷をつけて卵を産み、ふ化した幼虫は茎の中身を食べて成長する。

    体長|約9~10ミリ
    成虫の出現期|4~10月頃
  • オオゾウムシ オサゾウムシ科
    オオゾウムシ
    オオゾウムシ オサゾウムシ科
    北海道、本州、四国、九州、沖縄と、伊豆大島、対馬などに分布。低地から山地の雑木林や森林に生息する。全身が茶褐色でところどころに黒い斑があるが、本来の地色は黒く、長生きしている個体ほど全体が黒っぽく見える。ごつごつした鋳物(いもの)のような体は非常にかたい。その名のとおり、ゾウの鼻のようにのびた口が目立つ。日本産のゾウムシの中では最大種。成虫がよく見られるのは初夏から真夏にかけてで、クヌギやコナラなどの木に集まり、樹液をなめる。昼間は倒木や朽ち木(くちき)などの下にいることが多い。成虫になってから2年ほど生きるとされている。卵は木の中に産みつけられ、幼虫は材部を深くまで食べ進む。

    体長|約12~29ミリ
    成虫の出現期|6~9月頃
  • オオスズメバチ スズメバチ科
    オオスズメバチ
    オオスズメバチ スズメバチ科
    北海道、本州、四国、九州と、屋久島、種子島などに分布。平地から低山地に生息し、住宅街などでも活動する。日本産のハチの最大種で、濃いオレンジ色と黒のしま模様でよく目立つ。土の中などに巣を作り、そこをすみかとする。肉食性で、大型の昆虫を主な餌とするが、集団でほかのハチの巣を襲い、捕らえたさなぎや幼虫なども食べる。雑木林の樹液にもよく集まる。攻撃性の強いハチとしてよく知られ、人間を死に至らすほどの猛毒の持ち主。見かけたり、近くで「ブーン」という大きな羽音がしたら、慌てずにゆっくりとその場を離れる。甘いドリンク類や弁当に近づいてくることもある。

    体長|約27~45ミリ
    成虫の出現期|4~10月頃
  • キイロスズメバチ スズメバチ科
    キイロスズメバチ
    キイロスズメバチ スズメバチ科
    本州、四国、九州と、佐渡、対馬、屋久島などの島に分布。低地から山地の木々の茂る里山や雑木林などに生息する。オオスズメバチよりもひとまわり小さい中型のスズメバチで働きバチは約20ミリ、オスが約20~24ミリ、女王バチは約25~28ミリになる。春先から姿をみせはじめ、樹木の洞や土の中などに球形の巣を作る。近年は都市部の人家の軒下や壁などにも作ることが多く、問題となっている。名前のとおり、体色は黄色みが強い。攻撃的な性格で少しの刺激でも襲ってくるので、巣を見かけても近寄ることのないよう気をつけたい。花の蜜や樹液などを好み、セミなど様々な昆虫も捕らえて餌にする。

    体長|約20~28ミリ
    成虫の出現期|4~11月頃
  • クロスズメバチ スズメバチ科
    クロスズメバチ
    クロスズメバチ スズメバチ科
    北海道、本州、四国、九州と、佐渡島、対馬、屋久島などに分布。平地から山地の雑木林やその周辺の緑地に生息する。名前のとおり、体は光沢のある黒で、白い斑点模様と帯が入る。春の訪れとともに活動をはじめ、主に土の中に巣をつくるが、主な餌は昆虫やクモで、ガの幼虫などを好む。オオスズメバチやキイロスズメバチに比べると攻撃的でなく、毒性も弱いが、体質によってはショック症状を起こすこともあるので注意。「ジバチ」の別名でも広く知られており、長野県などでは幼虫やさなぎが「ハチの子」として食べられている。

    体長|約10~16ミリ
    成虫の出現期|3~11月頃
  • ムモンホソアシナガバチ スズメバチ科
    ムモンホソアシナガバチ
    ムモンホソアシナガバチ スズメバチ科
    本州、四国、九州と、佐渡島、対馬、屋久島などに分布。平地から山地の林や、その周辺の緑地などに生息する。長い後ろ脚をたらして飛ぶアシナガバチの一種。よく似ているヒメホソアシナガバチとは、頭部に黒い模様がないことで区別でき、名前もそれにちなむ。春先から姿をみせはじめ、低木の葉や草の葉裏などに巣を作る。体色はやや褪せたような黄色で体中に淡褐色のまだら模様がはいる。細身で小型だが攻撃性は強く、最盛期の働きバチの数は100匹以上にもなるので、巣を見つけても近づかない。主な餌は昆虫で、ガの幼虫などを捕らえて食べる。

    体長|約14~20ミリ
    成虫の出現期|4~10月頃
  • クマバチ ミツバチ科
    クマバチ
    クマバチ ミツバチ科
    本州、四国、九州と、対馬、屋久島などに分布。平地から山地の雑木林やその周辺の緑地に生息し、人家の庭や公園などでもよく見られる。春先から初夏にかけて姿を見せはじめ、さまざまな花々をまわりながら、花粉や蜜を集めて餌にする。オスは山の尾根や野原などにそれぞれなわばりをもっており、ホバリング(一定の位置で飛び続けること)しながら同じ場所を見張っている姿を見かけることがある。潅木(かんぼく)や枯れ枝などに穴を掘って巣を作り、子供を育てる。羽の音が大きく、毛むくじゃらな姿であることから怖がられるが、実際はおとなしく攻撃してくることはほとんどない。

    体長|約20~24ミリ
    成虫の出現期|3~10月頃
  • ベッコウバチ ベッコウバチ科
    ベッコウバチ
    ベッコウバチ ベッコウバチ科
    本州、四国、九州、沖縄に分布。クモを捕らえて幼虫の餌にする習性を持つハチの仲間で、生息する場所も林縁部や適度に木の生えている草地など、クモが多く生息する環境となる。ベッコウバチという名前は、やや赤みがかった黄色い体色をべっこう(タイマイというウミガメの甲ら)色にたとえたもの。単独で生活し、自分が棲むための巣は作らないが、幼虫のために地面に穴をほり、その中にクモを入れて卵を産みつける。卵からかえった幼虫はクモの体を食べて成長する。クモはハチの毒によって麻痺状態となって生きており、腐ったりすることはない。

    体長|約17~25ミリ
    季節|7~9月頃
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる