TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

豊かな植生を誇る高尾山には、これまで紹介した生き物たちの他にも、宝と言える生き物が多数生息しています。ここでは、地味な外見に反して綺麗な鳴き声が特徴的なカジカガエルや宝石のような鮮やかな黄緑色が美しいワキグロサツマノミダマシなどを紹介します。

ニホンマムシ
ニホンマムシ クサリヘビ科
北海道、本州、四国、九州と、大隅諸島、伊豆諸島などに分布。
平地から山地の森林や渓流沿いのやぶなどが主な生息場所だが、田畑にいることもある。
一般にもよく知られた毒蛇で、人がかまれて死亡した例もある。
通常、淡い褐色の地に中央に黒斑のある楕円形の斑紋が並んでいるが、かなり赤みが強いもの、全体に黒っぽいものなど変異が多い。
本来は夜行性だが、気温の低い時期は昼間も活動する。
高尾山でもときどき見られるが、一般の登山者が出会うことはほとんどない。
見つけた場合でも、手出しをせずに1メートル以上離れて通り過ぎれば、襲ってくることはない。
主な餌はネズミやトカゲ、カエルなどの小動物や昆虫。
視覚や嗅覚のほかに、鼻の近くにあるピットという器官があり、赤外線を感知して獲物を探すことができる。
繁殖は卵胎生(らんたいせい:メスの胎内で卵をかえし、子供の姿で出産すること)で、夏の終わりから秋にかけて、10頭ほどの幼蛇(ようだ)を産む。

※ここでは、「斑点」は点状の模様、「斑紋」はある程度大きな模様を指しています。

全長|約45~60センチ
季節|4月~10月頃
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる