TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

植物図鑑

暖温帯と冷温帯、それぞれに分布する植物が混在して生育する高尾山。自生する植物の種類が多く、四季折々のさまざまな姿を楽しめます。1600を超える種類の植物が確認されており、その数はイギリス全土で自生する種類の数に匹敵。高尾山で最初に発見された植物も多く、その数はタカオスミレ、タカオヒゴダイなど60数種類にものぼります。

  • カキドオシ シソ科
    カキドオシ
    カキドオシ シソ科
    日当たりのよい道端などに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。花が終わると茎が倒れてつるを横にのばす。ところどころに根をおろしてふえていく繁殖力の強い植物である。隣の敷地から垣根を通して侵入してくることから「垣通し(かきどおし)」の名が付いた。昔から子どもの「癇(かん)の虫」に効く薬として用いられ「カントリソウ」の別名もある。花は筒状の唇形で、長さ約1.5~2.5センチ。薄い紫色から紅色で、手前に大きくつき出した下側の花びらに紫色の斑点模様がある。長い柄(え)につく葉は円形か楕円形で、ふちににぶい鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ) がある。表面にしわがあり、揉むと強い香りがする。若葉や茎は湯通ししたあと水にさらし、和えものやサラダで食べられる。

    季節|4月~5月頃
    高さ|約5~25センチ
    場所|4~5号路、裏高尾
  • キランソウ シソ科
    キランソウ
    キランソウ シソ科
    山麓から道端など、幅広いところに生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。茎を地面にはりつくようにのばし、放射状に葉を広げている。地面にふたをしたように見えることから「ジゴクノカマノフタ」の別名がある。また、切り傷から胃腸病にも効くといわれ、民間薬として使われてきたために「イシャコロシ」とも呼ばれている。シソ科植物の茎の断面は、四角いものがほとんどだが、丸いところが特徴である。放射状に広がる根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)は、長さ約4~6センチ。少し厚みがあり、紫色をおびている。倒披針形(とうひしんけい)という幅約1~2センチのへら形で、ふちにあらい鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ) がある。花の長さは1センチほどで、唇形をした濃い紫色の花が数個咲く。

    季節|3月~5月頃
    高さ|約5センチ
    場所|2~3号路、5号路、奥高尾
  • ジュウニヒトエ シソ科
    ジュウニヒトエ
    ジュウニヒトエ シソ科
    乾燥気味の斜面や雑木林など、日当たりのよいところに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。伐採された斜面によく群生し、全体が縮れた白っぽい毛でおおわれている。真っすぐにのびる茎をとりかこむようにたくさんの花がつき、何段にも重なるように咲いて、花の穂を立てる。その姿を宮中の女官が着る十二単に見立てたことが、名前の由来である。花は唇形で、長さ約1センチ。色は白か淡い紫色をしている。上側の花びらが下側と比べると非常に小さいところが特徴である。葉は長さ約3~5センチで、2~4枚が対になってつく。先がややとがった楕円形で、幅約1.5~3センチ。裏面は白みをおび、ふちに波状の鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。

    季節|4月中旬~5月下旬頃
    高さ|約10~20センチ
    場所|2号路、5号路、裏高尾、奥高尾、南高尾
  • ツクバキンモンソウ シソ科
    ツクバキンモンソウ
    ツクバキンモンソウ シソ科
    関東から四国の太平洋側の山地に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。高尾山では日当たりのよい林のふちに咲いている。主に日本海側で見られるニシキゴロモの変種で、見分けがつかないくらいよく似ている。キンモンソウとはニシキゴロモの別名で、筑波山で最初に見つかったことが「筑波金紋草(つくばきんもんそう)」のの由来となっている。葉は長い楕円形で、長さ約2~6センチ。ふちに波状の鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。表面が葉脈に沿って紫色になり、裏面は全体が紫色をおびているところが特徴である。葉の脇に淡い紫色〜白色をした長さ約1センチの唇形の花をつける。上側の花びらは極端に短く約1ミリ。そこがニシキゴロモと見分けるときのポイントになる。

    季節|4月中旬~5月中旬頃
    高さ|約5~15センチ
    場所|3~4号路
  • ヒメオドリコソウ シソ科
    ヒメオドリコソウ
    ヒメオドリコソウ シソ科
    ヨーロッパ原産の越年草(秋に発芽し越冬して翌年に花が咲く植物)。明治の中ごろにもたらされた外来種で、東京周辺に多い。高尾山では、人家近くの道端でもよく見かける。花の長さは約1センチで、筒状の唇形。オドリコソウの花を小さくした感じである。茎の上部に開く葉の間から、淡い紫色した小さな花が顔をのぞかせる。葉の長さは約1.5~3センチで、卵形をしている。ふちにはにぶい鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)があり、表面にくっきりと浮かぶ網目状の脈が目立つ。茎の上部の葉は密生してつき、赤紫色をおびる。群生することが多く、花は大きくないが、あたり一面を淡い紫色に染める。「休耕田(きゅうこうでん)」のような人が入らず土地が肥えているところでは大群落になる。

    季節|3月~5月頃
    高さ|約10~25センチ
    場所|1号路、3号路、5号路、裏高尾、奥高尾
  • ホトケノザ シソ科
    ホトケノザ
    ホトケノザ シソ科
    日当たりのよい道端や畑のふちで普通に生えている越年草(秋に発芽し越冬して翌年に花が咲く植物)。高尾山では人家近くに多く見られる。2枚の半円形の葉が向かい合って開いている姿を仏様の座る蓮華座(れんげざ)に見立てて、その名が付けられた。また、葉が段々についているので「三階草(さんがいぐさ)」の別名もある。花は筒状の唇形で、長さは約2センチ。色は紅紫色で、茎の上部の葉の脇にたくさんついている。その中には、枯れるまでつぼみのままの閉鎖花(へいさか)がまざっており、虫の助けを借りずに内部で受粉して種を残す。葉は長さ約1~2センチで、扇状の円形。ふちに鈍い鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。なお、春の七草の「ホトケノザ」は、キク科のコオニタビラコで別の植物である。

    季節|3月~6月頃
    高さ|約10~30センチ
    場所|1~6号路、稲荷山、裏高尾
  • ヤマタツナミソウ シソ科
    ヤマタツナミソウ
    ヤマタツナミソウ シソ科
    山地の木陰に生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。筒状の唇形の花が、同じ方を向いて縦に一列に並んで咲く。タツナミソウの花は基部で折れ曲って直立してつくが、ヤマタツナミソウは、斜めにつけるのが特徴である。茎の先にまばらについて、下から開花していく。花の長さは約1~2センチで、下側の花びらが長くつき出している。花の色は、上側の花びらが淡い青紫色で下側の花びらは白い。葉は三角形に近い卵形で、ふちに鋭い鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)があり、両面には毛が生えている。葉は長さ約1.5~4センチで、上についているものほど小さくなっていく。花が終わると、萼(がく:花の外側にある、葉の変化した器官)が二枚貝のように閉じる。その中で実が熟すと、上の萼だけが散って落ちる。

    季節|5月~6月頃
    高さ|約10~25センチ
    場所|裏高尾、奥高尾
  • ラショウモンカズラ シソ科
    ラショウモンカズラ
    ラショウモンカズラ シソ科
    沢沿いの明るい林の下や道端に生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。シソ科のなかでも大きな花をたくさんつけるところが特徴で、群生することも多いのでよく目立つ。名前は能の「羅生門(らしょうもん)」に由来しており、花の形を京の羅生門で渡辺綱(わたなべのつな)という武将が切り落とした、鬼女の腕に見立てて付けられた。花の色は紫色で、長さは約4~5センチ。茎の上部の葉の脇に唇形の花が、同じ方を向いてついている。下側の花びらには紫色の斑点があり、白い毛が生えている。葉の長さは約2~5センチで、向かい合ってつく。形はハート形で、ふちに鈍い鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。花が終わると、地面に走出枝(そうしゅつし:地表をはってのびる枝。ランナーとも呼ばれる)という細い茎をのばしてふえていく。

    季節|4月中旬~5月下旬頃
    高さ|約20~30センチ
    場所|裏高尾、奥高尾
  • キュウリグサ ムラサキ科
    キュウリグサ
    キュウリグサ ムラサキ科
    畑や道端などに普通に生える越年草(秋に発芽し越冬して翌年に花が咲く植物)。根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉) を地面に放射状に広げて冬を越し、春になると根もとから数本の茎をのばす。葉や茎をもむとキュウリに似た臭いがするので「胡瓜草(きゅうりぐさ)」の名が付いた。花の直径は2ミリほどで、淡い青色をしているが、小さいために遠目には白く見える。花のつく茎は先がゼンマイのように巻いており、開花するにつれてほどけていく。その姿がサソリの尾のように見えることから、サソリ花序(かじょ:花をつけた茎)と呼ばれている。茎は下から花を咲かせながら、ひょろひょろとのびていく。茎の上部につく葉は長さ約1~2センチの長い楕円形で、細かい毛が生えている。根生葉は円い卵形で長い柄(え)がある。

    季節|4月~5月頃
    高さ|約15~30センチ
    場所|1号路、5号路、裏高尾、奥高尾
  • ホタルカズラ ムラサキ科
    ホタルカズラ
    ホタルカズラ ムラサキ科
    山地の林のふちや草地など、日当たりのよい乾燥したところに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。花の色を蛍の光にたとえて、その名が付けられた。新緑の時期、鮮やかな青紫色の花が浮かび上がるように見える。花の直径は約1.5~2センチで、細い茎の上部の葉のつけねから数個がかたまって咲く。花びらは5つに裂け、中央部分に盛り上がった白い筋が入る。葉は長さ約2~6センチで、細長い靴べらのような形をしている。葉や茎にはかたい毛が生えており、ざらざらとした手触りである。花が終わると、走出枝(そうしゅつし:地表をはってのびる枝。ランナーとも呼ばれる)という長い枝をのばし、その先から根を出して新しい株をつくり、ふえていく。葉は冬でも枯れずに残っている。

    季節|4月中旬~5月中旬頃
    高さ|約15~20センチ
    場所|南高尾
  • ヤマルリソウ ムラサキ科
    ヤマルリソウ
    ヤマルリソウ ムラサキ科
    山地の沢沿いの湿ったところに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。高尾山では崩れそうな土手の斜面に多く見られる。花のつく茎が地面をはうようにのび、大きな株をつくる。その先に小さな花をたくさんつけるので、背丈は小さいがよく目立つ。花の直径は1センチほどで、花びらは5つに裂ける。はじめは淡い青色をしているが、ピークを過ぎるとだんだん紫色に変わっていく。葉や茎には、白い毛が生えている。長さ約12~15センチはある大きめの根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)がたくさん出て、放射状に広がる。靴べらのような形で、ふちはやや波打つ。茎を抱くようにつく葉は、上にいくほど小さくなる。花が終わると、長いつるをのばし新しい株をつくる。

    季節|4月上旬~5月上旬頃
    高さ|約7~20センチ
    場所|2~3号路、裏高尾
  • フデリンドウ リンドウ科
    フデリンドウ
    フデリンドウ リンドウ科
    山野の日当たりのよい雑木林や草地などに生える越年草(秋に発芽し越冬して翌年に花が咲く植物)。つぼみの姿が筆の穂先を思わせることから、その名が付けられた。晴れると花は開くが、曇りや雨の日は閉じている。花は長さ約2~2.5センチのラッパ形で、茎の先に数個がかたまってつく。花の先は5つに裂けているが、その間に副片(ふくへん)という、短くつきでた部分があるので、10片に裂けているように見える。花の色は青紫色で、まれに白いものも見られる。茎の上部に密につく葉は小さな卵形でやや厚く、長さ約0.5~1.2センチ。裏面はしばしば赤紫色をおびる。

    季節|4月中旬~5月中旬頃
    高さ|約5~10センチ
    場所|奥高尾、南高尾
  • ギンリョウソウ イチヤクソウ科
    ギンリョウソウ
    ギンリョウソウ イチヤクソウ科
    全体が白く、緑の葉をもたない腐生植物(腐葉土の上に生えて、その養分を分解する菌と共生して成長する植物)。山地の暗く湿った、落ち葉が積もる落葉広葉樹林の中に多く咲いている。漢字では「銀竜草(ぎんりょうそう)」と書き、下向きにつく花と葉がうろこ状に変化した鱗片葉(りんぺんよう)に包まれている姿を銀色の竜に見立てて付けられた。ガラス細工のような繊細な美しさがあるが、梅雨時のうす暗い林の中で咲くことから「ユウレイタケ」の別名もある。花は筒状で、3~5枚の花びらがつく。雌しべの先は広がり、少し紫色をおびている。果実は液果(えきか:熟すと水分を多く含みやわらかくなる果実)で、茎が倒れるとつぶれて種を散らす。

    季節|6月中旬~7月下旬頃
    高さ|約5~8センチ
    場所|3~4号路、奥高尾
  • セントウソウ セリ科
    セントウソウ
    セントウソウ セリ科
    沢沿いの道端や林のふちに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。春の早い時期、葉が開くより先に花が咲く。全体がやわらかく、繊細な雰囲気がある山野草である。漢字で「仙洞草(せんとうそう)」と書くが、名の由来は不明。葉の形がセリバオウレン(キンポウゲ科)に似ていることから「オウレンダマシ」の別名がある。葉は3枚がワンセットつく複葉で、それぞれの葉には細かな切れ込みが入る。紫色をおびた長い葉柄(ようへい:葉をささえる柄)が特徴で、根もとからのびる。葉の間から茎をのばし、その先に直径1ミリほどの白い花をたくさんつける。5枚の花びらは内側に曲がってつき、花からつき出た黄色い雄しべが目立つ。花が終わると、長さ約3~5ミリの楕円形の実をつける。

    季節|3月下旬~4月下旬頃
    高さ|約10~20センチ
    場所|1~6号路、蛇滝、裏高尾
  • アオイスミレ スミレ科
    アオイスミレ
    アオイスミレ スミレ科
    沢沿いのやや湿った林の下やふちに生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。高尾山では、春いちばんに咲くスミレである。葉が徳川の家紋であるフタバアオイに似ていることから、その名が付いた。スミレの花は、側弁(そくべん)という下についている2枚の花びらが、左右に開いているのが普通だが、アオイスミレはあまり開いていないところが特徴であるため他のスミレと見分けがつく。背丈は低く、淡い紫色や白色の花がうつむき気味に咲く。葉は円形で、毛がたくさん生えている。花の咲きはじめのころの葉は、小さく丸まって長さ約2センチ。花が終わると、長さ約5~8センチと大きくなり、地表に茎をのばして新しい株をふやしていく。

    季節|3月中旬~4月中旬頃
    高さ|約3~8センチ
    場所|裏高尾、南高尾
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる