TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

植物図鑑

暖温帯と冷温帯、それぞれに分布する植物が混在して生育する高尾山。自生する植物の種類が多く、四季折々のさまざまな姿を楽しめます。1600を超える種類の植物が確認されており、その数はイギリス全土で自生する種類の数に匹敵。高尾山で最初に発見された植物も多く、その数はタカオスミレ、タカオヒゴダイなど60数種類にものぼります。

  • ガマズミ スイカズラ科
    ガマズミ
    ガマズミ スイカズラ科
    山地の林のふちなど、日当たりのよいところに生える落葉低木(らくようていぼく:1年のうちに葉を落とす時期のある、高さがおおむね3メートル以下の木)。樹皮は灰褐色でなめらか。皮目(ひもく:木の表面にある、空気の流通口)が入り、成長すると細かい裂け目ができ、幹は太いもので直径4センチ程度になる。葉は長さ約6~14センチ、幅約3~13センチの円形で、先は急に細くなってとがり、ふちに浅い鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。両面に毛があり、裏面は腺点(せんてん:分泌物を出す小さな穴)が目立つ。開花の時期は5月から6月頃で、枝先に白い小さな花をたくさんつけた直径約6~10センチの花序(かじょ:花をつけた茎)を出す。花の直径は約5~8ミリで、先が5つに裂けて平らに開き、長い雄しべがつき出る。実は長さ6ミリほどの楕円形で、9月から11月頃に赤くなり、冬を迎えると白い粉をふいて甘くなり、食べられる。

    高さ|約2~4メートル
    場所|4号路、稲荷山、奥高尾
  • スイカズラ スイカズラ科
    スイカズラ
    スイカズラ スイカズラ科
    山野の道端などに生える半落葉つる性木本(一定の期間、葉が小さくなったり枯れたりする性質のあるつる性の木)。茎は長くのび、よく枝分かれをする。樹皮は灰褐色で、老木になると縦に裂け、若枝には粗い毛が密生する。名の由来は、よく甘い蜜が吸われたことにちなんでいるといわれる。葉は長さ約3~7センチ、幅約1~3センチの長い楕円形で、先はまるみがある。裏面に毛が多く、内側に巻いて冬を越す。開花の時期は5月から6月頃で、枝先の葉のわきに甘い芳香がある花を2個ずつつける。花は長さ約3~4センチの筒状で、先が上下2枚に分かれ、上の花びらは4つに裂ける。はじめ白色かわずかに紅色をおび、やがて黄色に変わる。実は直径約5~6ミリの球形で、9月から12月頃に黒色に熟す。

    高さ|-(つる性木本)
    場所|奥高尾
  • コウヤボウキ キク科
    コウヤボウキ
    コウヤボウキ キク科
    山地の日当たりのよい乾いた林内によく見られる落葉小低木(らくようしょうていぼく:葉を落とす時期のある1メートル以下の木)で、根もとからたくさんの枝をのばして茂る。枝は灰褐色で細く、短い毛が生える。昔、高野山で竹箒(たけぼうき)のかわりに、この木の枝を束ねて用いたことから「高野箒(こうやぼうき)」の名が付けられた。開花の時期は9月から11月頃で、その年にのびた枝の先に白い花を1個ずつつける。花は13個ほどの小さな花が集まったもので、直径約1センチ。花びらの先が深く5つに裂け、強くそり返る。1年目の葉は長さ約2~5センチの卵形で、枝に互い違いにつく。前年にのびた枝には節ごとに細長い葉が3~4枚が束になって出る。どちらの葉にも短い毛が生え、ふちには浅い鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ) がある。

    高さ|約0.6~1メートル
    場所|5号路、稲荷山、奥高尾
  • スギナ トクサ科
    スギナ
    スギナ トクサ科
    日当たりのよい土手や野原などに見られるシダ植物。胞子のほかに地下茎(ちかけい)でもふえるため群生することが多い。スギナの胞子をつくる胞子茎がつくし(土筆)である。植物名としては両方をスギナと呼ぶ。つくしは全体が薄い茶色をおびており、3月頃に地上にあらわれる。頭には胞子のうという胞子が入った袋が何段も茎をかこむようにつく。つくしが枯れはじめるとスギナがのびる。スギナは栄養茎と呼ばれ、茎と葉が一体になったもので、光合成により養分をつくる。緑色で、その名のとおりやわらかい杉の葉を思わせる。胞子のうが開く前のツクシは、炒めたり、和えものにして食べられる。

    季節|3月~9月頃
    高さ|約10~15センチ(つくし)約10~40センチ(スギナ)
    場所|1号、奥高尾
  • オオハナワラビ  ハナヤスリ科
    オオハナワラビ 
    オオハナワラビ  ハナヤスリ科
    丘陵地から山地の林内など肥沃なところに生え、夏に枯れる冬緑性(とうりょくせい:夏に枯れる性質)のシダ植物。秋にひとつの葉柄(ようへい:葉をささえる柄) から栄養葉(光合成を行なう葉)と花茎(かけい:葉をつけずに花だけをつける茎) のような胞子葉【胞子のう(胞子が入った袋)をつける葉】が分かれてのびる。栄養葉は長さ約10~20センチ。羽片(小さな葉が集まり羽のようにつく葉)の先は鋭くとがり、ふちに鋭い鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ) がある。手触りはやわらかく、緑色か、または茶色をおびる。いちばん下部につく羽片が最も大きく、上につく羽片ほど小さく細長くなる。よく似たものにフユノハナワラビやアカハナワラビがあるが、オオハナワラビは栄養葉の先がとがり、茎、葉柄、葉軸に毛があることで見分けがつく。胞子は10月から11月頃に熟す。

    季節|10月~3月頃
    高さ|約30~50センチ
    場所|奥高尾
  • ゼンマイ ゼンマイ科
    ゼンマイ
    ゼンマイ ゼンマイ科
    丘陵地から山地の林内や草地に生え、冬に枯れる夏緑性(かりょくせい:冬に枯れる性質)のシダ植物。湿り気の多い場所を好み、沢沿いや水路のわきによく見られる。幼葉(ようよう)は平たい渦巻き状に巻いて綿毛におおわれ、その姿を古銭に見立てて「銭巻き」が転じて「ゼンマイ」の名が付いたといわれる。機械に使われる「ぜんまいばね」の名もこの葉の形に由来している。山菜のなかでも人気のある種類だが、食べられるのは栄養葉(光合成を行なう葉)の若葉で、胞子葉【胞子のう(胞子が入った袋)をつける葉】はかたくて食べられない。栄養葉は長さ50センチほどになり、黄緑色でやわらかく、ふちに鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。日に透かすと平行に走る葉脈が見える。胞子葉は棒状で、胞子が熟すと緑から褐色に変わり初夏には枯れる。

    季節|4月~9月頃
    高さ|約50センチ~1メートル
    場所|裏高尾、奥高尾
  • ワラビ コバノイシカグマ科
    ワラビ
    ワラビ コバノイシカグマ科
    丘陵地から山地の日当たりのよい草地や人家周辺で見られ、冬に枯れる夏緑性(かりょくせい:冬に枯れる性質) のシダ植物。根茎(こんけい:根のように見える地下にある茎) が地中を横にはってよく群生する。ゼンマイと同様、にぎりこぶし状に巻いた幼葉(ようよう) は山菜として食べられる。ただし、アク抜きをしないで食べると中毒をおこすので注意が必要。また根茎からは和菓子に使われるわらび粉になる澱粉がとれる。葉は長さ50〜70センチほどになり、羽状に深く裂け羽片はさらに羽状に深く裂ける。下部につく羽片(うへん:小さな葉が集まり羽のようにつく葉) は大きく広がり、全体は三角形か五角形になる。手触りはややかたく、光沢がなく、裏面にやわらかい毛が生える。裏側にはふちに沿って胞子のう(胞子が入った袋)が集まった「ソーラス」がつく。

    季節|4月~9月頃
    高さ|約1~2メートル
    場所|奥高尾
  • クジャクシダ ホウライシダ科
    クジャクシダ
    クジャクシダ ホウライシダ科
    丘陵地から山地の林のふちや崖など、やや冷涼なところに生え、冬に枯れる夏緑性(かりょくせい:冬に枯れる性質) のシダ植物。1本の葉柄(ようへい:葉をささえる柄) が次々に分かれて葉をつけ、鳥のクジャクが尾羽を広げたような形であることからその名が付いた。茎は地中にあって横にのび、わずかに鱗片(りんぺん:シダ類の茎や葉柄の表面にみられるうろこ状の構造) がある。葉柄(ようへい:葉をささえる柄)は細くてかたく、赤紫色をおびる。葉は長さ約15~25センチで、30センチくらいまで横に広がる。鮮やかな緑色でやわらかく、裏面のふちの上端に半月形のソーラス(胞子が入った袋の集まり)が数個つく。新芽のころは淡い紅色をおびることがあり、遠目には花が咲いているようにも見える。クジャクシダの仲間はアジアンタムの名で園芸店に並んでいるが、クジャクシダも流通することがある。

    季節|5月~9月頃
    高さ|約30~60センチ
    場所|6号路
  • オオバノイノモトソウ イノモトソウ科
    オオバノイノモトソウ
    オオバノイノモトソウ イノモトソウ科
    丘陵地から山地の林内に生え、1年中緑の葉をつける常緑性のシダ植物。光合成をする栄養葉と胞子を出す胞子葉【胞子のう(胞子が入った袋)をつける葉】をもつ。同じ仲間のイノモトソウより葉が大きいことからその名が付いたが、オオバノイノモトソウは葉軸に平たく突き出た部分がないことでも見分けがつく。葉柄(ようへい:葉をささえる柄)のもとの部分は褐色をおび、幅約1.5~3センチの細長い葉が6~14枚ついて、全体の長さは20〜60センチほどになる。いちばん下部につく葉は長さ16センチほどある。栄養葉の葉柄には、まばらに毛が生え、やわらかく、ふちは波打ち、細かい鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。胞子葉は株から高くまっすぐにのび、幅約1~1.5センチと栄養葉よりやや細く、裏側のふちに沿って線状にソーラス(胞子が入った袋の集まり)がつく。

    季節|1月~12月頃
    葉の長さ|約20~60センチ
    場所|3号路、5~6号路
  • ジュウモンジシダ オシダ科
    ジュウモンジシダ
    ジュウモンジシダ オシダ科
    山地の暗い林のふちや林内の湿ったところに見られ、夏緑性(かりょくせい:冬に枯れる性質) 、または1年中緑の葉をつける常緑性のシダ植物。いちばん下につく2枚の羽片(うへん:小さな葉が集まり羽のようにつく葉) だけが特別に長くのび、全体が十字形に見えることから「十文字羊歯(じゅうもんじしだ)」の名が付けられた。根茎(こんけい:根のように見える地下にある茎) や葉柄(ようへい:葉をささえる柄) には褐色の鱗片(りんぺん:シダ類の茎や葉柄の表面にみられるうろこ状の構造) がびっしりとつくが、新芽は鱗片をそぎおとして、おひたしや天ぷらにして食べられる。葉柄は長さ約15~35センチあり、羽片につく小さな葉は鎌のように曲がり長さ約3~5センチ。全体の長さは60センチほどになる。葉の裏に円形のソーラス(胞子が入った袋の集まり)が葉軸寄りにまばらにつく。包膜(ほうまく)という胞子のう(胞子が入った袋)を保護する膜に包まれ、ふちに不規則な鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ) がある。胞子は他のシダに先がけて初夏に熟す。

    季節|1月~12月頃
    葉の長さ|約30~60センチ
    場所|裏高尾
  • コモチシダ シシガシラ科
    コモチシダ
    コモチシダ シシガシラ科
    山地の日当たりのよい崖などに生え、1年中緑の葉をつける常緑性のシダ植物。胞子のほかに、無性芽(むせいが:母体から離れて新しい芽を出す器官)を落としてふえるのが特徴で「子持ち羊歯(こもちしだ)」の名の由来ともなっている。無性芽はソーラス(胞子が入った袋の集まり)の間や端あたりにつき、夏から秋にかけて葉の表面に小さな葉がたくさん出てくる。それがやがて離れ地面に落ちて新しいシダとなる。葉柄(ようへい:葉をささえる柄) は長さ約30~60センチ、全体の長さは約30センチ~2メートルと大きく、よく垂れ下がるように生える。葉は厚くて手触りはかたく、やや光沢があり、小さな葉のふちに細かい鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ) がある。裏には包膜(ほうまく:胞子のうを保護する膜)に包まれた長さ2~5ミリのソーラスが葉軸や中助(ちゅうろく)と呼ばれるすじに沿って並ぶ。

    季節|1月~12月頃
    葉の長さ|約30センチ~2メートル
    場所|裏高尾
  • ウチワゴケ コケシノブ科
    ウチワゴケ
    ウチワゴケ コケシノブ科
    山地の林内の湿ったところに生え、1年中緑の葉をつける常緑性のシダ植物。名前にコケと付くが小型のシダの仲間で岩の上や樹上などにしばしば群生しているのが見られる。根茎(こんけい:根のように見える地下にある茎) は針金のように細く、黒っぽい毛が密生する。横に長くはってマット状に広がる。葉はまるみのある扇形からハート形など、それぞれの葉ごとで形に違いが見られる。直径は1〜2センチ程度。ふちは不規則に裂けて、手の平のような形になる。名前の由来は、葉の形が団扇のように見えることによる。葉柄(ようへい:葉をささえる柄) は糸状で長さ1センチほど。葉の質は透けて見えるほどうすい。つりがね形の包膜(ほうまく:胞子のうを保護する膜) が、葉のふちから出る短い柄(え) の先につく。その中に胞子のうが集まるソーラス(胞子が入った袋の集まり)ができる。

    季節|1月~12月頃
    高さ|約1~2センチ
    場所|6号路
  • ノキシノブ ウラボシ科
    ノキシノブ
    ノキシノブ ウラボシ科
    人家近くの石垣やコケの生えた古木などに生え、1年中緑の葉をつける常緑性のシダ植物。かつては茅葺(かやぶき)屋根の下や軒下でよく見られたことから、その名が付けられた。根茎(こんけい:根のように見える地下にある茎) は短く、もとの部分に鱗片(りんぺん:シダ類の茎や葉柄の表面にみられるうろこ状の構造) がつく。横にはってのび、たくさんの細かい根を出してふえる。葉は柳の葉のような形で細長い。長さは約12~30センチになり、根茎から密に生える。表面は明るい黄緑色だが、裏面は色が淡い。手触りは革のようにかたく、厚みがあって寒さに強い。乾燥すると葉の左右から裏側に向けて丸まり、湿気が出てくるのを待つ。胞子のうが集まるソーラス(胞子が入った袋の集まり)は、直径3ミリほど。葉の裏側の上半分に二列に並んでつく。

    季節|1月~12月頃
    高さ|約10~30センチ
    場所|1号路、奥高尾
  • マメヅタ ウラボシ科
    マメヅタ
    マメヅタ ウラボシ科
    山地でごく普通に見られる1年中緑の葉をつける常緑性のシダ植物。樹上や岩の上など湿気の多いところを好んで生える。根茎(こんけい:根のように見える地下にある茎) は細く、長くはってのび、光合成をする栄養葉(光合成を行なう葉)と胞子を出す胞子葉【胞子のう(胞子が入った袋)をつける葉】をつける。栄養葉は直径約1~2センチの円形または楕円形で、葉柄(ようへい)(葉をささえる柄) は短く、ものに貼りつくように広がる。葉は水分を多く含んで厚く、光沢があり、乾燥にも強い。名前の由来は、葉が小さいことやまるい葉の形が豆のように見えることによるといわれる。胞子葉は長さ約5~6センチの細長いへらのような形で、栄養葉の間から立ち上がってのびる。葉の先はやや内側にそり、裏側には褐色のソーラス(胞子が入った袋の集まり)がびっしりとつく。

    ●季節 1月~12月頃
    ●高さ 約5~6センチ
    ●場所 1号路、6号路
  • キヨスミイトゴケ ハイヒモゴケ科
    キヨスミイトゴケ
    キヨスミイトゴケ ハイヒモゴケ科
    山地の沢沿いの半日陰の樹枝から垂れ下がるコケ類。空気中の湿度が高いところを好んで生える。千葉県の清澄山(きよすみやま)で多く見られることからその名が付けられた。茎は樹枝の表面をはい、不規則に分かれ、長さ約10~20センチになる。茎のもとの部分につく葉は長さ約2~2.5ミリの楕円形で、先のふちには小さく目立たない鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。垂れ下がる葉は、先端が細く糸状にのびる。色は鮮やかな緑色で、絹のような光沢があり、垂れ下がるその姿は緑のレースがかかったように見える。雄株と雌株があり、まれに茎のもとの部分に長さ3ミリほどの円筒形の蒴(さく:ふたのある胞子が入る器官)がつく。蒴のふたにはくちばしのような突起がある。

    季節|1月~12月頃
    長さ|10〜20センチ
    場所|6号路
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる