TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

植物図鑑

暖温帯と冷温帯、それぞれに分布する植物が混在して生育する高尾山。自生する植物の種類が多く、四季折々のさまざまな姿を楽しめます。1600を超える種類の植物が確認されており、その数はイギリス全土で自生する種類の数に匹敵。高尾山で最初に発見された植物も多く、その数はタカオスミレ、タカオヒゴダイなど60数種類にものぼります。

  • アカネスミレ スミレ科
    アカネスミレ
    アカネスミレ スミレ科
    低い山の尾根や山腹の草地など、日当たりのよいところに咲いている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。全体に丸みのある可愛らしいスミレである。鮮やかな紅紫色の花が、その名の由来となっている。花の直径は約1.5センチで、紫色の筋が入っている。全体に短い毛が生えているところが特徴で、花の後ろにつき出した距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分)にも毛が生えているスミレは、アカネスミレだけである。側弁に密生する毛もよく目立つ。葉は三角形に近い卵形で、根もとから立ち上がって開いている。花の時期の葉は長さ約2~4センチだが、夏葉は長さ約8センチと大きくなる。花びらの側弁以外に毛が生えていないものをオカスミレと呼び、アカネスミレにまじって咲いていることが多い。

    季節|4月上旬~5月中旬頃
    高さ|約5~10センチ
    場所|南高尾
  • アケボノスミレ スミレ科
    アケボノスミレ
    アケボノスミレ スミレ科
    尾根近くの明るい林の中や草地に咲く多年草(複数年のあいだ育成する植物)で、太平洋側の山地に分布している。まとまって生えていることが多いので見つけやすい。目のさめるような紅色の花を夜明けの空に見立てたことが、名前の由来である。葉が開くより先に花を咲かせるところが特徴で、花の時期の葉は巻くように丸まっている。地面からのびた茎の先に、直径約2~2.5センチの花をつける。スミレのなかでは大きいサイズで、香りのあるものが多い。花びらの側弁にはまばらに毛が生え、距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分)は太く短い。花のあとに開く葉は、長さ約3~4センチ。先がとがったハート形で、長い柄(え)についている。両面にうっすらと毛が生え、つやがない。

    季節|4月上旬~5月上旬頃
    高さ|約5~10センチ
    場所|奥高尾、南高尾
  • エイザンスミレ スミレ科
    エイザンスミレ
    エイザンスミレ スミレ科
    沢沿いの林の下やふち、林道など、木陰から日当たりのよい場所まで、いろいろな環境に生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。比叡山で発見されたことから、その名が付けられた。葉に特徴があるスミレで、春に出る葉は鳥の足のように3つに裂け、それがさらに細かく分かれてギザギザとしている。夏になると葉は急激に成長し、長さ約15~25センチにもなる。この葉の大きさを見るとスミレとは思えない。根もとから葉と花の柄(え)を出し、地上に茎は出てこない。花の直径は約2センチで、白色から淡い紅色のものがある。花びらのふちは波打ち、香りがある。距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分)はやや太く、長さは約7ミリ。花びらの側弁には毛が生えている。

    季節|4月上旬~5月上旬頃
    高さ|約5~15センチ
    場所|2号路、4~5号路、稲荷山、裏高尾、奥高尾、北高尾
  • コスミレ スミレ科
    コスミレ
    コスミレ スミレ科
    低い山の明るい林の下、道端や土手など、人家里近くでも咲いている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。春早く咲くスミレのひとつで、高尾山では南向きの斜面など、日当たりのよいところで見ることができる。名前のイメージとは違って、特別に小さいスミレということではなく、花の直径も約2センチはある。花びらには紫色の筋が入り、主に淡い紫色をしているが、白い花もあって変化に富んでいる。葉は長さ約2~5センチで、長めの三角形か、あるいは卵形。先がややとがり、裏側は紫色をおびていることが多い。葉の数が多く、根もとから立ちあがるように開いている。アカネスミレとよく似ているが、毛のないところが見分けるときのポイントである。

    季節|3月下旬~4月中旬頃
    高さ|約5~10センチ
    場所|6号路、裏高尾
  • コミヤマスミレ スミレ科
    コミヤマスミレ
    コミヤマスミレ スミレ科
    沢沿いの暗く湿ったところに見られる多年草(複数年のあいだ育成する植物)で、高尾山ではいちばん遅い時期に咲くスミレである。大きな葉がよく目立つが、それに比べると花は小さく、直径は約1センチ。色は白く、下の花びらには紫色の筋が入っている。花の後ろについている萼(がく:花の外側にある、葉の変化した器官)は、短い毛が生え、少し反り返っている。これは他のスミレには見られない特徴で、見分けるときのポイントになる。葉の形は芽生えのころは円形だが、成長すると楕円形や卵形に変わる。長さは約2~3.5センチで、やわらかくつやがない。ふちに鋭い鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)があり、裏面は紫色をおびている。花の終わりの時期が近づくと、閉鎖花(へいさか:開花せずに受粉を行なう花)を盛んにつける。

    季節|4月下旬~5月中旬頃
    高さ|約5~8センチ
    場所|4号路、6号路、裏高尾
  • スミレ スミレ科
    スミレ
    スミレ スミレ科
    日当たりのよい草地や道端などで普通に咲いている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。高尾山では少なくなったが、人家周辺で見ることができる。横から見た花の形が、大工道具の「墨入れ」に似ていることから、その名が付けられたとされている。地下にある太い茎から、葉や花の茎が束になって、ほぼ垂直にのびている。葉の形は細長い靴べらのようで、先が丸く、長さは約3~8センチある。やや厚みがあり、葉の柄(え)の部分にひれがついているところが特徴である。花の直径は約1.2~1.7センチで、濃い紫色。花びらの側弁には、白い毛が生えている。距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分) は長く約7ミリある。

    季節|4月中旬~5月上旬頃
    高さ|約7~15センチ
    場所|1号路、5号路、稲荷山、裏高尾、奥高尾
  • タカオスミレ スミレ科
    タカオスミレ
    タカオスミレ スミレ科
    「スミレの山」といわれる高尾山を代表するスミレ。沢沿いの湿り気のある半日陰の林のふちなどを好んで咲いている。高尾山で最初に発見されたことから、その名が付けられた。全国にも分布しているが、高尾山でいちばん多く見られる。昭和3(1928)年にヒカゲスミレの変種として発表され、花が咲く時期、葉の表面がこげ茶色をしているところが特徴である。ただし、花が終わると緑色の葉が出てくることでヒカゲスミレとの見分けはむずかしくなる。花の直径は約1.5~2センチで、ほのかな香りがある。色は白く、花びらには細かい紫色の筋が入っている。葉は長さ約3~6センチで、卵形かやや長い卵形をしている。

    季節|4月上旬~5月上旬頃
    高さ|約5~12センチ
    場所|1号路、蛇滝、裏高尾
  • タチツボスミレ スミレ科
    タチツボスミレ
    タチツボスミレ スミレ科
    人家周辺の道端から山地の林まで、いろいろな場所に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。花の咲いている期間が長いので、よく見かけるポピュラーなスミレである。地上にのびる茎がよく枝分かれをして、株をふやしていく。花は直径約1~2センチの淡い紫色で、ときどき白い花も見られる。下の花びらと横に開く花びらには、紫色の筋が入っている。葉は長さ約1~4センチの先がややとがったハート形で、葉柄(ようへい:葉をささえる柄)のつけねには、くしの歯のような切れ込みがある托葉(たくよう:葉の基部につく小さな葉)がつく。距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分) は細く、長さ約6~8ミリ。花の時期の背丈は15センチほどだが、花が終わると約30センチにもなる。このように「立ち上がる」姿から「立坪菫(たちつぼすみれ)」の名が付いた。

    季節|3月下旬~5月中旬頃
    高さ|約5~15センチ
    場所|1号路、3~6号路、稲荷山、蛇滝、裏高尾、南高尾
  • ツボスミレ スミレ科
    ツボスミレ
    ツボスミレ スミレ科
    平地や山地の林の下など、湿ったところに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。名前のツボ(坪)とは、庭の意味。葉の形が僧侶の持つ仏具の「如意」に似ていることから「ニョイスミレ」の別名がある。花の直径は約0.8~1センチで、日本で見られるスミレのなかではいちばん小さい。色は白く、下の花びらに入る濃い紫色の筋がよく目立つ。横に開く花びらのもとの部分には毛が生えているものと、無いものがある。距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分)は長さ約2~3ミリと短く、球形に近い。葉は長さ約2~3.5センチのすこしつぶれたハート形で、裏面は紫色をおびている。葉柄(ようへい:葉をささえる柄)のつけねにつく托葉(たくよう:葉の基部につく小さな葉)に切れ込みがないのが特徴で、花のない時期でもタチツボスミレと見分けがつく。

    季節|4月上旬~5月中旬頃
    高さ|約5~10センチ
    場所|蛇滝、裏高尾
  • ナガバノスミレサイシン スミレ科
    ナガバノスミレサイシン
    ナガバノスミレサイシン スミレ科
    春まだ早い時期に、沢沿いの湿った林のふちや林内などに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。その名のとおり、長い葉をもつ大型のスミレである。サイシンは、葉の形がウスバサイシン(ウマノスズクサ科)に似ていることから付けられた。太平洋側に多く分布しているが、葉が短いスミレサイシンは日本海側に多い。葉は細長いハート形で、花が咲くより遅く開く。長さ約5~8センチの葉を丸めたままの状態で、花をつける。花の直径は約2~2.5センチで、主に淡い紫色をしているが、高尾山では白いものが多く見られる。花が終わると、葉はさらに大きく長さ15センチくらいになる。節のある太い地下茎(ちかけい)を長くのばしてふえていく。

    季節|3月下旬~4月中旬頃
    高さ|約5~12センチ
    場所|1~2号路、4~5号路、裏高尾、南高尾
  • ニオイタチツボスミレ スミレ科
    ニオイタチツボスミレ
    ニオイタチツボスミレ スミレ科
    日当たりのよい尾根筋や草地、林の下に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。タチツボスミレに似て、ほのかによい香りがすることから「匂立坪菫(においたちつぼすみれ)」の名が付けられた。葉柄(ようへい:葉をささえる柄)のつけねにつく托葉(たくよう:葉の基部につく小さな葉)には、タチツボスミレと同じようにくしの歯のような切れ込みがある。花の直径は約1.2~1.5センチで、花びらにまるみがある。色は濃い紫色をしているが、花びらのもとの部分が白いので、中心部が白く抜けて見えるのが特徴である。距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分)は細長く、長さ約6~7ミリ。茎や花柄(かへい:花をささえる柄)には、細かな白い毛がたくさん生えている。根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)は長さ約2~3センチで、まるみのあるハート形をしている。茎につく葉は長さ約2.5~4センチで、細長くとがった三角形である。

    季節|3月下旬~4月下旬頃
    高さ|約5~15センチ
    場所|奥高尾、南高尾
  • ノジスミレ スミレ科
    ノジスミレ
    ノジスミレ スミレ科
    人家周辺の草地や道端、石垣や畑など、日当たりのよいところに普通に咲いている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。茎や葉に白く短い毛がたくさん生えている。スミレ(スミレ科)によく似ているが、ノジスミレは花に香りがあり、葉の先がとがっていることで見分けがつく。また、スミレの葉は垂直にのびるのに対し、地面に平たく広がるところも特徴である。花の直径は約1~1.5センチで、青みがかった紫色をしており、花びらには濃い紫色の筋が入る。葉は長さ約3~8センチのへら状の長い楕円形で、裏面は紫色をおびて、葉柄(ようへい:葉をささえる柄)の上部の両側にはひれがつく。花が終わると、三角形の夏葉が出てくる。夏葉のふちは、上に巻きあがっていることが多い。

    季節|3月下旬~4月中旬頃
    高さ|約5~10センチ
    場所|6号路、裏高尾、南高尾
  • ヒカゲスミレ スミレ科
    ヒカゲスミレ
    ヒカゲスミレ スミレ科
    沢沿いの林のふちなど、湿り気のある半日陰の場所に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。日陰を好んで咲いているので、その名が付けられた。地下で枝をのばしてふえていくため、群生することが多い。タカオスミレの母種といわれ、姿かたちはよく似ているが、タカオスミレが褐色の葉をつけるのに対し、緑色の葉をつけているところが見分けるときのポイントになる。葉は長さ約3~6センチの先がとがったハート形で、手触りはやわらかく、両面に細かい毛が生えている。花の直径は約1.5~2センチで、よい香りがする。色は白く、下の花びらには細かい紫色の筋が入る。横に開く花びらのもとの部分には毛が密生するが、なかには毛の無いものもある。距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分) は太い円柱形で長さ約7~8ミリである。

    季節|4月上旬~5月上旬頃
    高さ|約5~12センチ
    場所|裏高尾、奥高尾
  • ヒナスミレ スミレ科
    ヒナスミレ
    ヒナスミレ スミレ科
    山地の明るい林のふちや林内に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。高尾山では、登山道の脇にポツポツと咲く姿がよく見られる。淡いピンク色をした、小さくてかわいらしい花をつけるスミレで、その姿から「雛菫(ひなすみれ)」の名が付けられた。花は直径約1.5センチで、花びらの先は少し濃い紅色をおび、中央部分に紫色の筋が入る。横に開く花びらのもとの部分には、わずかに毛が生える。葉は三角形に近い先がとがったハート形で、柄(え)とつながる葉のもとの部分が深くくぼんでいるところが特徴である。ふちに粗い鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ) があり、裏面は紫色をおびている。また、葉脈にそって白い斑点模様が入っているものは「斑入(ふい)りヒナスミレ」と呼ばれる。

    季節|3月下旬~4月中旬頃
    高さ|約5~8センチ
    場所|2~5号路、蛇滝、裏高尾
  • ヒメスミレ スミレ科
    ヒメスミレ
    ヒメスミレ スミレ科
    人家周辺の道端や石垣の間など、日当たりのよいところに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。山中や森林の周辺では、あまり見かけることはない。その名のイメージどおり、小型のスミレのひとつで、スミレ(スミレ科)に似ているが、全体をひと回り小さくした感じ。ヒメスミレの葉柄(ようへい:葉をささえる柄)には、ひれがついていないことで見分けがつく。花の直径は約1~1.5センチ、濃い青紫色をしているので、小さいわりにはよく目立つ。横に開く花びらのもとの部分には毛が生えている。距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分)は細く、長さ約4ミリ。葉は長さ3センチほどの細長い三角状で、もとの部分はハート形をしている。裏面は紫色をおびて、ふちにでこぼことした鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)があるのが特徴である。

    季節|3月下旬~4月上旬頃
    高さ|約3~8センチ
    場所|南高尾
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる