TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

植物図鑑

暖温帯と冷温帯、それぞれに分布する植物が混在して生育する高尾山。自生する植物の種類が多く、四季折々のさまざまな姿を楽しめます。1600を超える種類の植物が確認されており、その数はイギリス全土で自生する種類の数に匹敵。高尾山で最初に発見された植物も多く、その数はタカオスミレ、タカオヒゴダイなど60数種類にものぼります。

  • ユリワサビ アブラナ科
    ユリワサビ
    ユリワサビ アブラナ科
    沢沿いの湿り気がある小石が多い場所に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。早春の花のなかでもいち早く咲く花のひとつである。葉が枯れたあと、柄(え)のもとの部分がふくらんで根もとに残る。それがユリの鱗茎(りんけい:ゆり根と呼ばれる部分。実際は養分を蓄えた肉厚の葉)に似ていることからその名が付いた。ワサビを小さくした感じだが、ワサビの茎はまっすぐに立つのに対し地をはうように茎をのばす。茎の先に約1センチの白い十字形の花をたくさんつける。葉はハート形で、でこぼことした鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。根もとの葉は大きく茎につく葉は小さい。葉や根茎(こんけい:根のように見える地下にある茎)には、ほのかにワサビと同じような辛みがある。

    季節|3月中旬~4月下旬頃
    高さ|約10~30センチ
    場所|1~6号路、稲荷山、蛇滝、裏高尾、南高尾、北高尾
  • クサノオウ ケシ科
    クサノオウ
    クサノオウ ケシ科
    山地の道端や草地など、日当たりのよいところに群生する越年草(秋に発芽し越冬して翌年に花が咲く植物)。茎を折ると濃い黄色の汁が出ることから「草の黄(くさのおう)」の名が付いたとされるが、昔、皮膚病の治療に使われたことから「瘡(くさ:できもののこと)の王」という説もある。葉と茎には縮れた白い毛が生え、遠目には白っぽく見える。花の直径は約2~3センチで、長くのびた茎の先に黄色い花を数個つける。根もとから出る根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)は、株のように立ち上がり手触りはやわらかい。茎につく葉は、羽根のような形をしている。ケシの仲間の多くはアルカロイドを含む有毒植物だが、クサノオウにも毒がある。誤って食べると嘔吐や腹痛をおこすので注意が必要である。

    季節|5月~7月頃
    高さ|約30~80センチ
    場所|1号路、4~6号路、稲荷山、裏高尾、北高尾
  • ジロボウエンゴサク ケシ科
    ジロボウエンゴサク
    ジロボウエンゴサク ケシ科
    山地や野原に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)で、明るい林の下やふちに多い。ヤマエンゴサクに似ているが、花は少し細く、花柄のつけねにある苞葉(ほうよう)にギザギザとした切れ込みがないので見分けがつく。名前の由来は、伊勢地方の方言でスミレを「太郎坊」というのに対して「次郎坊」と呼んだことから。子どもが、花弁の後に細長くでている距(きょ)という部分をからめて、引き合って遊んだため、親しみを込めて人名をつけて呼ばれたようだ。花は筒状で長さ約1.5センチ。色は紅紫色から青紫色でまれに白色も見かける。地中に太い根茎があり、そこから数本の細い茎をのばす。茎につく葉には柄(え)があり、卵形の葉が3枚ひと組でついている。

    季節|4月上旬~4月下旬頃
    高さ|約10~20センチ
    場所|裏高尾、北高尾
  • ミヤマキケマン ケシ科
    ミヤマキケマン
    ミヤマキケマン ケシ科
    日当たりのよい道端や林のふち、伐採跡地などに生える越年草(秋に発芽し越冬して翌年に花が咲く植物)。和名に「深山(みやま)」とついているが、低い山で普通に見られる。枝分かれした茎の先に、黄色い花をびっしりとつけているのでよく目立つ。全体に毒をもっている。4月ごろ、株の中心から茎をのばし、筒状で先が唇形に開いた長さ約2センチの花をたくさんつける。葉は、白い粉をふいたような緑色のものから、赤みをおびたものなどさまざま。手触りはやわらかく、細かな切れ込みがある。葉をもむとゴムのような独特の臭いがする。花が終わると、長さ約3センチの数珠のような形をした実をつける。

    季節|4月上旬~5月中旬頃
    高さ|約20~40センチ
    場所|1~3号路、5号路、蛇滝、裏高尾、奥高尾
  • ムラサキケマン ケシ科
    ムラサキケマン
    ムラサキケマン ケシ科
    山地の明るい林の下やふちに生える越年草(秋に発芽し越冬して翌年に花が咲く植物)で、平地でも普通に咲いている。ケマン(華鬘)とは、仏壇に飾る花輪をかたどった仏具のことで、花の姿が似ていることから、その名が付けられた。全体がやわらかく、傷つけるとやや悪臭がある。根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)が地をはうように広がり、冬を越す。春になると茎をのばし、その先に長さ約1.5センチの花をたくさんつける。花は紅紫色で、ヤマエンゴサクやジロボウエンゴサクとよく似ているが、葉がニンジンの葉のような細かな切れ込みがあるので見分けがつく。全体に毒を含み、誤って食べると嘔吐(おうと)などをひきおこす。高尾山で見られるウスバシロチョウの幼虫はこの葉を食べる。

    季節|4月上旬~5月中旬頃
    高さ|約20~50センチ
    場所|1号路、3号路、稲荷山、裏高尾、奥高尾、南高尾
  • ヤマエンゴサク ケシ科
    ヤマエンゴサク
    ヤマエンゴサク ケシ科
    山野の明るい林のふちや林内に生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。高尾山では、沢沿いなど湿り気のある場所に多く見られる。早春にとんがり帽子のような形の花を咲かせる。花の長さは約2センチで、色は赤紫色から青紫色。標高が高いところや北へいくほど青みが強くなる。苞葉(ほうよう:花のつけねにある葉が変形したもの) に切れ込みがあり、よく似るジロボウエンゴサクの苞葉には切れ込みがないことで、両者を区別できる。葉は 三出複葉( さんしゅつふくよう)で、長い柄(え)から小さな葉が3枚ひと組でつく。葉の形は、鳥の足のように3つに分かれている。地中にある小さな茎は「延胡索(えんごさく)」という漢方薬になり、痛みやけいれんを和らげる効能がある。

    季節|3月下旬~4月中旬頃
    高さ|約10~20センチ
    場所|裏高尾、北高尾
  • ヤマブキソウ ケシ科
    ヤマブキソウ
    ヤマブキソウ ケシ科
    やや湿り気がある林の下に生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。群生することが多く、鮮やかな黄色の花がいっせいに咲いた姿はひときわ目立つ。花の形がバラ科の樹木であるヤマブキに似ていることから「山吹草」の名が付いた。別名は「クサヤマブキ」という。花の直径は約5センチで、花びらは4枚。ヤマブキは5枚ある。全体がやわらかく、茎を傷つけると黄色い汁がでる。根もとからのびる根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)は、長い 柄(え)に5または7枚の小さな葉がついている。葉の形は卵形から楕円形で、ふちに細かい鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ) がある。茎につく葉は上部に3枚が開く。花のあとは、約3センチの細長い実がつき、夏になると地面上にある部分は枯れてしまう。

    季節|4月下旬~5月中旬頃
    高さ|約30~40センチ
    場所|南高尾
  • イカリソウ メギ科
    イカリソウ
    イカリソウ メギ科
    山地の林のふちや林内に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。花の形が船のイカリに似ていることから「錨草(または碇草)」の名が付いた。花は直径約2センチの淡い紅紫色で、茎の先に長い距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分)をもつ4枚の花びらが開く。距は長さ1.5~2センチで蜜を蓄える。葉は長さ3~8センチのゆがんだ卵形で、ふちにとげ状の鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ) がある。葉柄(ようへい:葉をささえる柄)の先が3つに分かれ、それぞれがさらに3つに分かれて葉をつけるので「三枝九葉草(さんしくようそう)」とも呼ばれる。地下茎(ちかけい)は横にはって、ひげのような根を出す。昔から根は強壮薬として用いられている。花が終わると豆のさやのような実をつける。種にはアリが好む白い種枕(しゅちん)という脂肪質の塊があり、種を運んでもらう。

    季節|4月中旬~5月中旬頃
    高さ|約20~40センチ
    場所|奥高尾
  • アズマイチゲ キンポウゲ科
    アズマイチゲ
    アズマイチゲ キンポウゲ科
    早春に山地の明るい林や草地などに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。春の訪れを告げる花のひとつとして知られ、沢沿いの落葉樹林のふちに多く見られる。花の直径は約3~4センチ。陽光を浴びて、茎の先に白い花を一輪だけ咲かせる。関東地方に多く、花が1つということから「東一華(あずまいちげ)」の名が付いた。花びらに見えるのは萼片(がくへん)で、裏側は少し紫色をおびている。葉は 三出複葉(さんしゅつふくよう)といって、小さな葉が3枚ひと組でつく。葉の大きさは約2~3センチで先は丸みがある。やわらかく、だらりと垂れているところが特徴である。春先に同じような場所に咲くキクザキイチゲと似ているが、こちらの葉はふちがギザギザしているので見分けがつく。

    季節|3月下旬~4月中旬頃
    高さ|約10~15センチ
    場所|裏高尾、南高尾
  • イチリンソウ キンポウゲ科
    イチリンソウ
    イチリンソウ キンポウゲ科
    山地の明るい林のふちや沢沿いの草原など、湿り気のあるところに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。1本の茎の先に大きな白い花を一輪咲かせることから「一輪草」の名が付いた。まれに二輪咲くことがあり「ニリンソウでは」と迷ったときは、葉が細かく裂けていて、花が大きいところが見分ける際のポイントになる。花の直径は約4センチで、存在感がある。5~6枚の花びらに見える萼片(がくへん)が開いている。多くは白色だが、ときどき裏側が淡い紫色をしたものが見られることから「ウラベニイチゲ」の別名もある。長い柄(え)がある3枚の葉が、茎の途中からついている。葉は細かな切れ込みがたくさんあり、ギザギザとした形が特徴である。

    季節|4月中旬~5月中旬頃
    高さ|約15~20センチ
    場所|裏高尾、南高尾
  • ウマノアシガタ キンポウゲ科
    ウマノアシガタ
    ウマノアシガタ キンポウゲ科
    日当たりのよい山野の道端に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。名前の由来は、根もとから出る根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)の形が「馬の足形」に見えることによるとされるが、実際はあまり似ていないという声もある。根生葉は長い柄(え)があり、3~5つに分かれた葉がついている。どちらかというと人の手の平の形に近い。最近は、別名である「キンポウゲ」で呼ばれるほうが多い。花の直径は約2センチで、光沢がある黄色い5枚の花びらが上を向いて開く。茎や葉の柄に開出毛(かいしゅつもう)という、外側に向かって立つような毛が生えているところが特徴である。有毒成分が含まれ、誤って食べると中毒をおこすので要注意。汁に触れただけでも皮ふがはれることがある。

    季節|4月~5月頃
    高さ|約30~60センチ
    場所|5号路、稲荷山、奥高尾
  • キクザキイチゲ キンポウゲ科
    キクザキイチゲ
    キクザキイチゲ キンポウゲ科
    林や沢沿いの湿り気のあるところに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。高尾山では数が少なく、アズマイチゲより少し遅れて咲く。花がキクに似ていることから「菊咲一華(きくざきいちげ)」の名が付いた。花の直径は約3センチで一輪だけ咲く。別名は「キクザキイチリンソウ」。花柄(かへい)という花をつける柄(え)に細かい毛が生えている。花びらに見えるのはすべて萼片(がくへん)。白色から濃い紫色までさまざまな色のものがあるが、東京に自生するものは白色が多い。花は晴れていないときは咲かずに閉じている。上にある樹木が茂るとすぐに枯れてしまうデリケートな植物である。葉は三出複葉(さんしゅつふくよう)【葉柄に三枚ひと組の小葉(しょうよう:複数の葉で構成される葉形のひとつひとつの葉のこと)をつける葉の形状】で深い切れ込みがあり、ふちがギザギザしている。花の下で水平に広げる。

    季節|3月下旬~4月中旬頃
    高さ|約10~15センチ
    場所|裏高尾
  • トウゴクサバノオ キンポウゲ科
    トウゴクサバノオ
    トウゴクサバノオ キンポウゲ科
    山地の沢沿いの道端や林のふちなど、やや湿ったところに生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。全体に無毛で、やわらかい感じの植物である。花が終わると緑色の細長い実が2つ、対になってつく。これが鯖の尾のようだということと、関東地方に多いことから「東国鯖の尾(とうごくさばのお)」の名が付けられた。花の直径は約6~8ミリで、淡いクリーム色をしている。花びらに見える萼片(がくへん)の内側には、軍配のような形をした黄色い花弁がある。葉は淡い緑色で、根もとには数枚の根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)がつく。茎には、3枚から5枚の小さな葉が対になって開いている。葉の形はうちわのようで、ふちににぶい鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。夏になると根もとにつぼみのような閉鎖花(へいさか:開花せずに受粉を行なう花) をつける。

    季節|4月上旬~5月上旬頃
    高さ|約10~15センチ
    場所|裏高尾、南高尾
  • ニリンソウ キンポウゲ科
    ニリンソウ
    ニリンソウ キンポウゲ科
    山地の明るい林のふちや林内、沢沿いの草原などに生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。1本の茎に2個の白い花をつけることが「二輪草」の名の由来だが、実際には1輪や3輪のものも多く見られる。少し湿ったところを好み、水辺に近い林などではよく群生する。新緑の頃、あたり一面を白く覆い尽くす光景はとても美しい。花の直径は約2センチで、葉の間からのびた2本の花柄(かへい:花をささえる柄) の先端で咲く。イチリンソウと比べると、ずっと小さく感じる。花びらに見える5枚の萼片(がくへん)があり、主に白色だが、なかには薄紅色や緑色のものがある。また、萼片が9枚のものなど、変化に富んでいる。茎の途中から柄(え)のない3枚の葉を出すことが特徴である。

    季節|4月上旬~5月上旬頃
    高さ|約15~20センチ
    場所|1号路、6号路、蛇滝、裏高尾、奥高尾、南高尾、北高尾
  • ヒメウズ キンポウゲ科
    ヒメウズ
    ヒメウズ キンポウゲ科
    山麓の道端や草地、石垣の隙間など、日当たりのよいところに生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。ウズ(烏頭)とはトリカブトのことで、葉の形がよく似ており、背丈が小さいことから「姫烏頭(ひめうず)」の名が付けられた。ひょろひょろとのびた茎の先に、やや紅色をおびた白い小さな花をつける。花の直径は約5ミリで、おじぎをするように下を向いて咲くところが特徴である。花びらに見える萼片(がくへん)の内側には、黄色い花弁が筒状に並んでいる。根もとからのびた長い 柄(え)につく根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)は、地面一面に広がるように開く。茎につく葉には、細かな毛が密生している。花が終わると、茎は立ちあがり果実をつけ、熟すと縦に割れて種を散らす。

    季節|3月下旬~5月上旬頃
    高さ|約10~20センチ
    場所|裏高尾、南高尾
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる