TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

四季折々の美しい草花を閉じ込めたアクリル封入展示や、多種多様な昆虫を一同に並べた巨大標本展示。さらには、動物剥製を壁面に配し、ムービーとともに高尾山の魅力をダイナミックに魅せる「NATURE WALL」など、TAKAO599MUSEUMには、豊かな環境の中で生活を営む生物たちにいつでも出会える、工夫を凝らした展示を常設しています。

センチコガネ
センチコガネ コガネムシ科
北海道、本州、四国、九州と、対馬、屋久島などに分布。平地から山地の林や緑地のほか、農耕地や住宅地などでも見られる。多くは金属的な光沢のある黒色で、個体により紫や藍色、緑がかるものなどがいて、なかなか美しい。いわゆる「糞虫(ふんちゅう)」と呼ばれる昆虫で、動物のフンを主な餌としており、大きな羽音をたてて地上付近を飛んだり、地面を歩いたりしてフンを探す。メスはフンを土のなかに運び込んで固めて卵を産みつけ、卵からふ化した幼虫はそのフンを食べて成長する。高尾山では山道ではふつうに見られる。

体長|約14~20ミリ
成虫の出現期|4~11月頃
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる