TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

鳥類図鑑

数多くの野鳥と出会えるのも高尾山の醍醐味の1つです。その数は、100種類以上にのぼり、まさに高尾山は鳥たちの楽園、日本の代表的バードウォッチングスポットと言えます。繁殖や越冬のために渡ってくる夏鳥・冬鳥や高尾山に棲みつく留鳥たちが、求愛や縄張りを主張するため美しくさえずる姿など、さまざまな野鳥の生態を目と耳で楽しめます。

  • ツミ タカ科
    ツミ
    ツミ タカ科
    日本で一番小さなタカ。
    九州より北で暮らすツミは、
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)のように秋になると東南アジアなどに渡って冬を越す。
    山地の林で暮らしているが、最近は市街地の小さな林でも繁殖する。
    本州には、3月から4月にやってきてペアで行動する。
    体全体は青みがかった黒色。
    オスは胸がオレンジ色で瞳の周囲が赤く、メスは胸が灰色で瞳の周囲は黄色い。
    主食は小鳥類で虫も食べる。
    林の中をたくみに飛びながら、小鳥を追いかけて捕まえる。
    繁殖期には、木の上を飛びながら「ピョウ、ピョウ、ピョピョ」と早口でさかんに鳴く。
    5月から8月頃、木の上に小枝を重ね青葉のついた針葉樹の枝を敷いた巣をつくり、1回におよそ3~5個の卵を産む。

    大きさ|オス約27センチ メス約30センチ
    季節|3月~10月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
    または
    漂鳥(ひょうちょう:ある地域内で季節によって居場所を変える鳥)

    鳴き声を聞く

  • ハイタカ タカ科
    ハイタカ
    ハイタカ タカ科
    平地から1700メートル級の山の森林に暮らすタカ。
    翼は短く、長い尾羽根には4本の黒い帯が見られる。
    繁殖期はペアで行動し、それ以外は単独で群れになることはない。主にキジバトやアカゲラなど中型の鳥を獲物にし、ネズミ類を食べることもある。
    警戒時や威嚇(いかく)をするとき、またメスにエサを渡すときに「キィーキィキィキィ」と甲高い声で鳴く。
    繁殖期は5月上旬から6月中旬。
    カラマツなどの木の枝の付け根に枯れ枝を積み重ねて巣をつくり、4~5個の卵を産む。
    子育てが終わると、秋から冬にかけて、低い山の森林や平地の畑、市街地の近くまできて冬を越す。
    その間は、アトリやスズメなどの群れを追って暮らしている。

    大きさ|オス約32センチ メス約39センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
    または
    漂鳥(ひょうちょう:ある地域内で季節によって居場所を変える鳥)
  • オオタカ タカ科
    オオタカ
    オオタカ 展示されている動植物
    平地から山地の林に生息し、都市部で見ることもある。
    成鳥は全体に青っぽい灰色だが、若鳥は茶色で見た目が異なる。
    繁殖期以外は単独で行動し、キジ、カモ、リス、野ウサギなどを狙う。
    都市部では、公園にいるハトやカラスを獲物にする。
    繁殖期は5月から6月頃。
    マツなどの大木の枝の付け根に大きな巣をつくり、1回におよそ2~4個の卵を産む。
    ヒナがかえるとオスが狩りを担当し、メスに「ケーッケーッ」と鳴きながら獲物を渡す。
    巣は毎年同じ場所か、2~3個の巣を年ごとにローテーションで使う習性がある。

    大きさ|オス約50センチ メス約56センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
    または
    漂鳥(ひょうちょう:ある地域内で季節によって居場所を変える鳥)
  • サシバ タカ科
    サシバ
    サシバ タカ科
    平地から山地の林、水田、草地に生息するタカの仲間。
    春に越冬地の東南アジアから日本に帰ってくる。
    湿地や水田をエサ場にカエルやヘビを好んで食べ、虫や鳥のヒナ、ネズミも狙う。
    タカの中でもよく鳴く種類で、繁殖期には、オスもメスも「ピックィー」と甲高い声で繰り返し鳴く。
    5月から6月の繁殖期、木の枝に小枝を積み重ね、中に青葉のついた小枝を敷いた巣をつくり、2~4個の卵を産む。
    9月から10月頃には、群れをつくりながら越冬地へと渡っていく。
    南に向かうほどその数は増え、数百羽の群れになる。
    愛知県の伊良湖岬や鹿児島県の佐多岬は、サシバの群れを見ることができる通過点として知られている。

    大きさ|約49センチ
    季節|4月~10月頃
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)

    鳴き声を聞く

  • ノスリ タカ科
    ノスリ
    ノスリ タカ科
    平地から山地に生息する中型のタカ。
    オスとメスはほぼ同色で、胸のあたりが白い。
    エサ場になる草原や畑、牧草地に近い林で暮らし、主にネズミを捕って食べ、ヘビ、カエル、虫、鳥も狙う。
    トビと同じように、上昇気流を上手につかまえて高く舞い上がり、上空から獲物を探す。
    また、見晴らしの効く樹木や畑の杭などに長い時間とまって、獲物を物色することもある。
    繁殖期になるとオスもメスも「ピーエー」と口笛のように鳴く。
    5月から6月頃、林の大木の枝に小枝を積み重ね、中に青葉のついた小枝を敷いた巣をつくり、1回におよそ2~3個の卵を産む。
    また、毎年同じ巣を使って繁殖することが多い。

    大きさ|約55センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)

    鳴き声を聞く

  • フクロウ フクロウ科
    フクロウ
    フクロウ 展示されている動植物
    人里に近い森や林に住みついて、神社や寺など大きな樹木があるところを好んで暮らしている。
    オスとメスは同色。
    体の色は分布する地域によって違い、基本的にはグレーからこげ茶色をしているが、北で暮らすフクロウほど白っぽい。
    1羽かペアで生活し、日中は暗い森で休み、夕暮れを迎えると活動をはじめる。
    ネズミや鳥、トカゲ、カエル、虫を食べ、羽の音をたてずに飛び回り、獲物を捕まえる。
    繁殖期になるとオスもメスも「ホーホー」と鳴く。
    巣は大きな木の穴につくることが多く、屋根裏、神社の縁の下につくることもある。
    3月から4月、1回におよそ2~3個の卵を産む。

    大きさ|約50センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)

    鳴き声を聞く

  • アオバズク フクロウ科
    アオバズク
    アオバズク 展示されている動植物
    最も人里近くに暮らすフクロウの仲間。
    街中、神社、寺などの大きな木で繁殖する。
    アオバズクの名は、青葉が茂る頃に姿が見られるようになることから付けられた。
    オスとメスはほぼ同色。
    丸い頭に濃いこげ茶色の顔、金色の目が印象的。
    日中は茂った木の上で休み、夕暮れが近づくと「ホッホッ、ホッホッ」とペアで鳴き合うのを合図に活動をはじめる。
    街路灯に集まってくるガやコガネムシなどを足で捕まえて食べ、コウモリや小鳥を狙うこともある。
    5月から6月頃の繁殖期、大きな木の穴や建物の隙間などに巣をつくり1回におよそ2~5個の卵を産む。
    メスが卵を抱いて、オスは見張り役となる。
    秋には越冬地の東南アジアへ渡る。

    大きさ|約29センチ
    季節|5月~10月頃
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)

    鳴き声を聞く

  • カワセミ カワセミ科
    カワセミ
    カワセミ カワセミ科
    光沢のあるコバルトブルーの翼が美しく、渓流の宝石と呼ばれる。
    オレンジ色の胸もよく目立つ。
    オスとメスはほぼ同色だが、メスのくちばしは下が赤いので見分けるときのポイントになる。
    山地の池や川、湖や沼で暮らし、最近では都会の水辺でも見られるようになった。
    縄張りをつくり繁殖期以外は1羽で行動する。
    水面に出ている枝や杭にとまって狙いを定め、一気に水中に飛び込んで魚やエビ、水生昆虫などを捕まえる。
    空中停止した状態から飛び込むこともある。
    繁殖期にオスは「チーツッチーツピー」と鳴きながらメスを追って飛び回る。
    3月から8月頃、水辺の土の壁に横穴を掘って巣をつくり1回におよそ5~7個の卵を産む。

    大きさ|約17センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • コゲラ キツツキ科
    コゲラ
    コゲラ 展示されている動植物
    日本で見られる一番小さなキツツキ。
    オスとメスはほぼ同色だが、オスの後頭部には小さな赤い模様がある。
    山地の森林で暮らしているが、最近では都会の公園でも繁殖することがある。
    1羽かペアで活動し、シジュウカラの群れに混じって人里にくることがある。
    木から木へと移動しながら、虫やクモを捕って食べ、上手に舌を使ってサクラの花の蜜も吸う。
    繁殖期には「ギィー、キッキッキキキ・・・」と鳴き、コロロロロと木をたたく行動(ドラミング)を行なう。
    枯れかけた木を選んで穴をほって巣をつくり、中でもサクラや小さなキノコがたくさんついた木を好む。
    5月から6月頃、1回におよそ5個の卵を産む。

    大きさ|約15センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)

    鳴き声を聞く

  • アカゲラ キツツキ科
    アカゲラ
    アカゲラ キツツキ科
    平地から山地の森林で暮らし、1羽かペアで生活している。
    尾羽根に近い腹部の赤い羽毛がよく目立つ。
    オスとメスはほぼ同色だが、オスの後頭部は赤く、メスは黒いので見分けがつく。
    木の幹に縦にとまり、木の皮の割れ目から昆虫の幼虫などをつまみ出して食べる。
    ウルシやヤマブドウの実も食べる。
    森で活動することが多いが、背の低い草地や畑の地上におりて、エサを探すこともある。
    鳴き声は通常「キョッキョッ」であるが、飛びながら「ケレケレケレ」と鳴くこともある。
    繁殖期になると盛んにドラミング(「コロロロロ・・・」と木をたたく行動)をする。
    5月から7月頃、生きている木や枯れかけたアカマツやシラカバの木に穴をほって巣をつくり、1回およそ5~7個の卵を産む。

    大きさ|約24センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)

    鳴き声を聞く

  • アオゲラ キツツキ科
    アオゲラ
    アオゲラ 展示されている動植物
    日本だけにいるキツツキで本州より南の平地から山地の林で暮らしている。
    最近では都会の公園のサクラに巣をつくることもある。背中はグレーがかった緑色、頭とくちばしの横の赤が印象的。
    オスとメスはほぼ同色だが、オスはメスに比べて赤い部分が大きく、頭全体が赤いので見分けるときの目印になる。
    木から木へ移動しながら、幹をつついて虫やクモを捕って食べ、時には地上に降りて好物のアリも狙う。
    秋から冬には、果実や木の実も食べる。
    5月から6月の繁殖期には「ピョー、ピョー」と口笛のように鳴き、盛んにドラミング(「コロロロロ・・・」と木をたたく行動)をする。
    巣は生きている木に穴を掘ってつくることが多く、1回におよそ7~8個の卵を産む。

    大きさ|約29センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • サンコウチョウ カササギヒタキ科
    サンコウチョウ
    サンコウチョウ 展示されている動植物
    4月ごろ、冬の間を過ごしてきた東南アジアから帰ってきて、平地から山地の林で繁殖する。
    「ツキーヒーホ-シーホイホイ」と鳴く声が「月日星ホイホイ」と聞こえることから三光鳥の名が付けられた。
    目のまわりとくちばしが鮮やかな青色をしているところが特徴。
    オスの長い尾羽根は体長の3倍はあり、尾羽根が短いメスとはすぐに見分けがつく。
    暗い林の中で活動し、軽快に飛び回りながら空中や葉先で虫やクモを捕まえる。
    オスは縄張りをつくり侵入者をすぐに追い払う。
    繁殖期は5月から7月頃。
    木の枝の股にコケや木の皮をクモの糸で貼り合わせて、三角帽子のような逆円錐形の巣をつくり、1回におよそ3~5個の卵を産む。

    大きさ|オス約45センチ(尾羽根を含む)メス約18センチ
    季節|4月~8月頃
    夏鳥(なつどり:ある地域に春から夏に渡来して繁殖し、秋に南方へ渡る鳥)

    鳴き声を聞く

  • モズ モズ科
    モズ
    モズ モズ科
    低い木や茂みがある開けたところで暮らしている。
    背は灰色でオスの顔には目を通る黒い帯があり、メスは胸から腹にうろこ状の模様がある。
    虫やカエルなどを食べ、小鳥を襲うこともある。
    モズには捕まえた獲物を小枝やトゲに刺しておく習性があり、これを「モズのはやにえ」という。
    また、メジロなど他の鳥の鳴きまねが得意で実に芸達者な鳥である。
    繁殖期は3月から8月頃で、他の鳥と比べると早く、春先と初夏に2度の子育てをするペアもいる。
    木の上に細い茎やツタを集めてカップ状の巣をつくり1回におよそ4~6個の卵を産む。
    秋になると単独で行動し、「キィーキリキリ」と鋭く高い声で縄張りを宣言し、よくケンカもする。

    大きさ|約20センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
    または
    漂鳥(ひょうちょう:ある地域内で季節によって居場所を変える鳥)
  • カケス カラス科
    カケス
    カケス 展示されている動植物
    オスとメスは同色で、体は茶色っぽく、頭には白と黒のまだら模様がある。
    翼には黒と青と白の模様が入り、飛んでいるときによく目立つ。
    平地から山地のうす暗い森林で暮らし、繁殖期以外は小さな群れをつくって生活している。
    木の上や地面を大きく跳ねるように歩きまわり、虫やトカゲ、木の実を食べる。
    好物はドングリで、木の隙間や土に埋めて隠すように蓄える習性がある。
    後で食べることもあるが、忘れてしまうことも多い。
    普段は「ジェー、ジェーイ」としわがれた声で鳴いているが、タカや小鳥など他の鳥の鳴きまねも得意。
    4月から6月頃の繁殖期、木の枝の付け根に巣をつくり、1回におよそ5~6個の卵を産む。

    大きさ|約33センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
  • オナガ カラス科
    オナガ
    オナガ カラス科
    山林や住宅地でも見られるカラスの仲間。
    エサ台をおくとよく集まってきて「ギューイ、ゲェー、ピューイ」と騒がしく鳴く。
    オスとメスは同色で、頭は黒く、まるで帽子をかぶったよう。
    翼と長い尾羽根は青っぽい灰色で胸と首が白い。
    小さな群れで行動し、決まった地域を巡回するようにエサを探して移動する。
    1羽が動くと次から次へと誘われるように追っていく。
    木の上や地上を跳ね歩き、虫、木の実、果実を探して食べ、小鳥の卵やヒナを襲うこともある。
    朝夕は街中の庭園や公園でエサを探し、日中は林の中で行動することが多い。
    繁殖期は5月から8月頃。
    雑木林や街路樹に枝を重ねた巣をつくり、一回におよそ7~8個の卵を産む。

    大きさ|約37センチ
    季節|1月~12月頃
    留鳥(りゅうちょう:年間を通じて同じ場所に生息する鳥)
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる