TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

暖温帯と冷温帯、それぞれに分布する植物が混在して生育する高尾山。自生する植物の種類が多く、四季折々のさまざまな姿を楽しめます。1600を超える種類の植物が確認されており、その数はイギリス全土で自生する種類の数に匹敵。高尾山で最初に発見された植物も多く、その数はタカオスミレ、タカオヒゴダイなど60数種類にものぼります。

キクザキイチゲ
キクザキイチゲ キンポウゲ科
林や沢沿いの湿り気のあるところに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。高尾山では数が少なく、アズマイチゲより少し遅れて咲く。花がキクに似ていることから「菊咲一華(きくざきいちげ)」の名が付いた。花の直径は約3センチで一輪だけ咲く。別名は「キクザキイチリンソウ」。花柄(かへい)という花をつける柄(え)に細かい毛が生えている。花びらに見えるのはすべて萼片(がくへん)。白色から濃い紫色までさまざまな色のものがあるが、東京に自生するものは白色が多い。花は晴れていないときは咲かずに閉じている。上にある樹木が茂るとすぐに枯れてしまうデリケートな植物である。葉は三出複葉(さんしゅつふくよう)【葉柄に三枚ひと組の小葉(しょうよう:複数の葉で構成される葉形のひとつひとつの葉のこと)をつける葉の形状】で深い切れ込みがあり、ふちがギザギザしている。花の下で水平に広げる。

季節|3月下旬~4月中旬頃
高さ|約10~15センチ
場所|裏高尾
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる