TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

植物図鑑

暖温帯と冷温帯、それぞれに分布する植物が混在して生育する高尾山。自生する植物の種類が多く、四季折々のさまざまな姿を楽しめます。1600を超える種類の植物が確認されており、その数はイギリス全土で自生する種類の数に匹敵。高尾山で最初に発見された植物も多く、その数はタカオスミレ、タカオヒゴダイなど60数種類にものぼります。

  • マルバスミレ スミレ科
    マルバスミレ
    マルバスミレ スミレ科
    沢沿いの日当たりのよい斜面や林のふち、道端などに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。葉の形がまるいことから「円葉菫(まるばすみれ)」の名が付けられた。同じように円形の葉をもつアオイスミレとよく似ているが、マルバスミレの葉は先がとがりハート形に近いので見分けがつく。花の直径は2センチほどで、花びらもまるみがあり、横に開く花びらには少し毛がある。主に白色だが、なかには花びらの裏が淡い紅色をしたものもある。群生することが多く、花の時期はとてもよく目立つ。距(きょ:花びらの後方にある袋状の部分)は長さ約6~7ミリで、紫色の斑点があるのが特徴である。花の時期の葉は長さ約2~4センチだが、夏葉になると長さ約7~8センチまで大きくなり、背丈も約30センチと高くなる。

    季節|4月上旬~5月上旬頃
    高さ|約5~10センチ
    場所|3号路、裏高尾
  • ナツトウダイ トウダイグサ科
    ナツトウダイ
    ナツトウダイ トウダイグサ科
    日当たりのよい林のふちや道端に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。漢字で「夏灯台」と書くが、トウダイグサのなかでは春いちばん早くに花が咲く。皿に油を入れて火をともす、昔の明かりとりの道具に花の姿が似ていることから、その名が付けられた。葉のつけねから5つに分かれる枝をのばし、その先につぼ形の花がつく。花の下には2枚の葉が開いて、花のつけねは、4つの腺体(せんたい)にかこまれる。腺体は蜜を出す器官で先が細くとがり、クワガタムシのアゴのように見える。葉は三角形に近いへら形から長い楕円形で、長さ約3~6センチ。葉や茎を切ると出る白い汁には有毒成分が含まれており、皮ふにつくとかぶれるので注意が必要である。

    季節|4月上旬~5月下旬頃
    高さ|約20~40センチ
    場所|1号路、裏高尾
  • ミヤマカタバミ カタバミ科
    ミヤマカタバミ
    ミヤマカタバミ カタバミ科
    ヒノキやスギの植林地など、林の中のうす暗いところに生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。漢字では「深山傍食(みやまかたばみ)」と書き、深い山のカタバミという意味であるが、決して山奥でしか見られない花ではない。葉は 三出複葉(さんしゅつふくよう) といって、長い柄(え)の先に3枚の小さい葉がひと組になってついている。葉の形はハート形をしている。茎や葉柄(ようへい:葉をささえる柄)、葉の裏側に細かい毛が生えているところが特徴である。花の色は白く、直径約3~4センチ。花びらは5枚あり、紫色の筋のような模様が入っているものもある。花は晴天でも日が当たらなければ開くことはない。花をつけた株は多くないので、咲いている姿に出会う機会はまれである。

    季節|3月~4月頃
    高さ|約10センチ
    場所|1号路、3~6号路、蛇滝、裏高尾
  • ヒメハギ ヒメハギ科
    ヒメハギ
    ヒメハギ ヒメハギ科
    日当たりのよい草地など、乾いたところに生える常緑の多年草(複数年のあいだ育成する植物)。花の姿がハギ(マメ科)の花を小さくしたようであることから「姫萩(ひめはぎ)」の名が付けられた。花の長さは1センチほどで、色は紅紫色。3枚の花びらがくっついた筒状の花で、その先から細かく裂けた房がのびている。花のもとの部分につく5枚の萼(がく:花の外側にある、葉の変化した器官)は花びらと同じ色をしており、そのうちの2枚は羽を広げるように開いているので、花びらのように見えるが、花が終わると萼は緑色に変わる。葉はまるみのある卵形で、先はとがり両面に毛が生えている。花が咲く時期の葉は長さ1センチほどだが、花が咲き終わると3センチ程度になる。茎には白く曲がった毛が密生している。

    季節|4月中旬~5月下旬頃
    高さ|約10~20センチ
    場所|稲荷山、奥高尾、南高尾
  • カラスノエンドウ マメ科
    カラスノエンドウ
    カラスノエンドウ マメ科
    道端、畑、野原など、日当たりのよいところに普通に生える越年草(秋に発芽し越冬して翌年に花が咲く植物)。エンドウ豆のような長さ約3~5センチの実をつけ、それが黒く熟すのをカラスにたとえたことからその名が付いた。別名は「ヤハズノエンドウ」といい、葉の形が矢筈(やはず:矢の後ろの弦を受ける部分)に似ていることに由来する。花の直径は1.5センチほどで、鮮やかな紅紫色。葉のつけねに2~3個ついて、花びらはチョウの羽のように見える。葉は羽状複葉(うじょうふくよう:葉柄に複数の小さな葉をつける葉の形状)で8~16枚の葉が集まってつく。1枚の葉は長さ約2~3センチの細長い卵形で、先端が矢筈のようにくぼんでいる。若芽、若い茎、花、若い実は、天ぷらや炒めもの、ゆでておひたしにして、食べられる。

    季節|3月~6月頃
    高さ|約50センチ~1メートル
    場所|裏高尾、奥高尾
  • キジムシロ シロバラ科
    キジムシロ
    キジムシロ シロバラ科
    明るい林や草原に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)で、全体に粗い毛が生えている。地面にまるく広がる株の様子を鳥のキジが座るムシロ(敷物)に見立てて、その名が付けられた。長くのびた茎の先に、黄色い花がつく。直径は約1.5~2センチで、5枚の花びらが上を向いて開いている。花の下から側枝(そくし)を出して、数個の花が次々と咲いていく。根もとからのびる根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)は、5~9枚の小葉(しょうよう:複数の葉で構成される葉形のひとつひとつの葉のこと)がひと組で1枚の葉となる。そのいちばん上につく3枚の葉がもっとも大きく、長さ約3センチになる。小葉の形は楕円形で、ふちに粗い鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。花が終わると高さ約50センチまで成長し、表面に多数の小さな種がついた実をつける。

    季節|4月中旬~5月中旬頃
    高さ|約5~20センチ
    場所|稲荷山、裏高尾、奥高尾
  • ヘビイチゴ バラ科
    ヘビイチゴ
    ヘビイチゴ バラ科
    田んぼの畦や湿った草地に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。匍匐茎(ほふくけい)という茎が地面をはうようにのび、節から根をおろして広がってふえていく。葉は枯れても次々と開くので、1年中常緑の植物である。ヘビが食べる、あるいはヘビがいるような場所に生えるイチゴという意味から「蛇苺」の名が付けられた。ドクイチゴと呼ばれることもあり、実際には毒はないが、甘みも水分もなく、食べてもおいしくない。葉は黄緑色で、3枚の小葉(しょうよう:複数の葉で構成される葉形のひとつひとつの葉のこと)がワンセットでつく。小葉は長さ約2~3.5センチの楕円形で、ふちに細かい鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。葉の脇から花茎(かけい:葉をつけずに花だけをつける茎)をのばし、その先に黄色い花を1個つける。直径は約1.2~1.5センチで、花びらは5枚ある。

    季節|3月~5月頃
    高さ|約5センチ
    場所|1~3号路、5号路、稲荷山、裏高尾
  • コチャルメルソウ ユキノシタ科
    コチャルメルソウ
    コチャルメルソウ ユキノシタ科
    渓流の水辺や岩場、林のふちなど、湿ったところに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。走出枝(そうしゅつし:地表をはってのびる枝。ランナーとも呼ばれる) をのばして、群生することが多い。最も広範囲に分布するチャルメルソウで、熟した実の形がラッパのチャルメラに似ていることから、その名が付けられた。花は直径1センチほどで、色は淡い黄緑色か紅紫色、茎の上部に約10個つく。五角形の萼(がく:花の外側にある、葉の変化した器官) から、魚の骨のようにも見える奇妙な形をした花びらがつき出ているのが特徴。根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉) は長い 柄( え) があり、長さ約2~5センチ。浅く5つに裂け、もとの部分はハート形をしている。両面に白く長い毛が生えており、ふちにふぞろいの鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ) がある。実は熟すと割れて、細かい種を出す。

    ●季節  3月下旬~5月上旬頃
    ●高さ  約10~20センチ
    ●場所  1号路、裏高尾
  • ネコノメソウ ユキノシタ科
    ネコノメソウ
    ネコノメソウ ユキノシタ科
    沢沿いの林の中や渓流のふちなど、湿ったところに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。茎を横にのばし、節から根を出してよく群生する。花が咲いたあと、熟して割れた実の形が、瞳の細い猫の眼に似ていることからその名が付けられた。茎の先に小さな花が10個ほど集まって咲く。花は直径2ミリほどで花びらはないが、4枚の萼(がく)と花のまわりにつく苞葉(ほうよう:花の柄のつけねにある葉が変形したもの)が鮮やかな黄緑色をしており、そこが花びらのように見える。ネコノメソウの仲間は8本の雄しべをもつのが普通だが、ネコノメソウは4本なのが特徴で、見分けるときのポイントになる。葉は長さ約0.5~2センチで、茎に向かい合ってつく。広い卵形か楕円形で、ふちに丸みのあるにぶい鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。

    季節|4月~5月頃
    高さ|約5~20センチ
    場所|1号路、4号路、6号路、裏高尾
  • ハナネコノメ ユキノシタ科
    ハナネコノメ
    ハナネコノメ ユキノシタ科
    山地の渓流沿いの岩場や湿り気のある林のふちに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。地味な花が多いネコノメソウの仲間のなかで、ひときわ美しい花を咲かせることから、その名が付けられた。まっすぐにのびる茎の先に、直径5ミリほどの小さな花を2~3個つける。花びらはないが、白くまるみのある4枚の萼(がく:花の外側にある、葉の変化した器官)が花びらのように上を向いて開いている。その内側からは、先端が紅色をした8本の雄しべが顔を出し、白と赤のコントラストがよく目立つ。葉はまるみのある扇形で、長さは約5~8ミリ。色は暗い緑色で、ふちににぶい鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。花が終わると、根もとから茎を四方にのばしてふえていく。茎にはまばらに毛が生えている。

    季節|3月中旬~4月中旬頃
    高さ|約5~10センチ
    場所|1号路、6号路、蛇滝、裏高尾
  • ヤマネコノメソウ ユキノシタ科
    ヤマネコノメソウ
    ヤマネコノメソウ ユキノシタ科
    山地の渓流のふちや湿った林内に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)で、ネコノメソウより早く開花する。花の直径は5ミリほどで、花びらのように見える4枚の萼(がく:花の外側にある、葉の変化した器官)は黄緑色をしている。萼のもとの部分は黄色みをおびていて、派手さはないが美しい。開花時の萼は平らに開いているが、花が咲いた後は直立する。全体の雰囲気はネコノメソウとよく似ているが、葉のつき方で見分けがつく。ネコノメソウは2枚が向かい合ってつく対生であるのに対し、ヤマネコノメソウは互生といって互い違いにつく。葉は長さ約1~3センチで、腎形(腎臓の形)という、先のとがらないハート形をしている。花の咲いたあと、花茎(かけい:葉をつけずに花だけをつける茎)のもとの部分に毛の生えた紫色のむかご(栄養分をたくわえて、球状になった芽)ができる。

    季節|3月~4月頃
    高さ|約10~20センチ
    場所|3号路、6号路、蛇滝、裏高尾
  • ユキノシタ ユキノシタ科
    ユキノシタ
    ユキノシタ ユキノシタ科
    湿った岩の上などに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。冬でも雪の下で葉が枯れずに残っていることから、その名が付いたといわれる。花は白色で5枚の花びらがあり、下につく2枚は約1~2センチと長く、垂れ下がる。上の3枚は小さく、濃い紅色の斑点が入る。花茎(かけい:葉をつけずに花だけをつける茎) は細く腺毛(せんもう) が生え、そこにクリスマスツリーの飾りのように円錐状(えんすいじょう)にたくさんの花がつく。葉は長さ3~6センチの円い腎形(腎臓の形)で、根もとから出て長い柄(え)がある。表面は暗い緑色で、葉脈に沿って白い模様が入る。裏面は暗い紫色をおび、こげ茶色の毛が多く生える。葉の質は厚く、やわらかい。やけどなどに効く民間薬として昔から利用され、山菜としても食べられる。

    季節|5月下旬~6月下旬頃
    高さ|約20~50センチ
    場所|1号路、6号路、蛇滝、奥高尾
  • ヨゴレネコノメ ユキノシタ科
    ヨゴレネコノメ
    ヨゴレネコノメ ユキノシタ科
    沢沿いの林のふちや水辺など、湿ったところに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。濃い緑色の葉に、灰色をおびた模様が入る。それがほこりをかぶったように見えるため「汚れ猫の目」の名が付けられた。花の直径は約3~4ミリで、花びらに見える暗い紅色をした4枚の萼(がく:花の外側にある、葉の変化した器官)が直立しているところが特徴。萼の内側には紅色の雄しべがあり、その下には黄色の 苞葉(ほうよう:花の柄のつけねにある葉が変形したもの)が広がっている。雄しべの数は多くがネコノメソウと同じ4本である。花が終わると、根もとから茎を四方にのばして大きな葉を数枚つける。イワボタン(別名ミヤマネコノメソウ)の変種とされ、同じような環境に生えるが、イワボタンは萼が黄緑色で、雄しべは黄色なので見分けがつく。

    季節|3月下旬~4月中旬頃
    高さ|約5~15センチ
    場所|1号路、5~6号路、稲荷山、蛇滝、裏高尾、奥高尾
  • ヒロハコンロンソウ アブラナ科
    ヒロハコンロンソウ
    ヒロハコンロンソウ アブラナ科
    山地の湿った場所に生える越年草(秋に発芽し越冬して翌年に花が咲く植物)。高尾山では渓流沿いに多く見られる。山野草のなかでは背が高く、群生するのでよく目立つ。花は白く、十字のような形。直径は約1センチだが、茎の先にたくさんかたまって咲くので全体が白く見える。葉は羽状複葉(うじょうふくよう)といって鳥の羽のように柄(え)の両側につく。葉の形は瞳のような楕円形でふちに大きな鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。葉の柄のもとにある茎を包む耳のような突起が特徴で、同じ白い花をつけるコンロンソウの仲間と見分けるときの目印になる。別名は「タデノウミコンロンソウ」。栃木県日光湯元の「蓼の湖(たでのうみ)」で最初に見つけられたことに由来する。

    季節|4月中旬~5月下旬頃
    高さ|約30~50センチ
    場所|裏高尾、南高尾
  • マルバコンロンソウ アブラナ科
    マルバコンロンソウ
    マルバコンロンソウ アブラナ科
    山地の木陰の湿ったところに生える越年草(秋に発芽し越冬して翌年に花が咲く植物)。渓流沿いに多いヒロハコンロンソウと違い、林の中に生えている。葉の形が他種に比べて真円に近いのが名の由来である。アブラナ科のなかで、これほど丸い形のものは他にない。株全体に白くやわらかいうぶ毛が密集して生えているところが特徴で、同じコンロンソウの仲間と見分けときの目印になる。葉は羽状複葉(うじょうふくよう:葉柄に複数の小さな葉をつける葉の形状) で、小さな葉が5~7枚ひと組で短い柄(え)についている。ふちには丸みのある鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。花は白く、4枚の花びらが十字のように見える。直径は約6ミリで、茎の先にぱらぱらとつく。ちなみにコンロンとは、白い花を中国の崑崙山(こんろんさん)の雪にたとえたことによる。

    季節|4月上旬~5月中旬頃
    高さ|約10~20センチ
    場所|裏高尾
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる