TAKAO 599 MUSEUM

高尾山の宝物たち

植物図鑑

暖温帯と冷温帯、それぞれに分布する植物が混在して生育する高尾山。自生する植物の種類が多く、四季折々のさまざまな姿を楽しめます。1600を超える種類の植物が確認されており、その数はイギリス全土で自生する種類の数に匹敵。高尾山で最初に発見された植物も多く、その数はタカオスミレ、タカオヒゴダイなど60数種類にものぼります。

  • ミヤマハコベ ナデシコ科
    ミヤマハコベ
    ミヤマハコベ ナデシコ科
    沢沿いの林のふちや林内、林道のふちなど、湿った日陰に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。ハコベの仲間のなかでは、特に花が大きい種類である。白い花が上を向いて開いているので、とてもよく目立つ。花の直径は約1~1.5センチで、葉のつけねからのびた柄(え)の先に1個つく。花びらの数は5枚だが、それぞれが深く2つに裂けているので10枚あるように見える。花のもとにつく萼片(がくへん)はとがり、外側に白く長い毛が生える。葉は長さ約1~3.5センチの広い卵形で、トランプのスペードのよう。葉の裏面には、葉脈に沿ってうぶ毛が生える。茎の下の方につく葉には長い柄がある。茎は毛が二列に生えているのが特徴で、地をはうように広がる。

    季節|4月下旬~6月下旬頃
    高さ|約20~30センチ
    場所|裏高尾
  • オオバウマノスズクサ ウマノスズクサ科
    オオバウマノスズクサ
    オオバウマノスズクサ ウマノスズクサ科
    山地の林の中に生えているつる植物。低い木にからみついて、楽器のサキソフォンのように見えるユニークな花を咲かせる。果実がウマノスズクサに似て、葉が大きいことから、その名が付いた。花は黄色で花びらはなく、萼片(がくへん)が筒状になったもの。内側には紫色のしま模様が見える。葉は広く、約8~15センチ。ハートのような形で、厚みがあり、裏面はやや白く見える。やわらかい毛が生えているが、表面の毛は後でなくなる。有毒成分が含まれているが、ジャコウアゲハという蝶の幼虫は、毒を体にためて外敵から身を守るためにその葉を食べる。秋に実は黒く熟し、割れると種がぎっしり入っているのがわかる。

    季節|5月上旬~5月下旬頃
    高さ|―(つる性木本)
    場所|北高尾
  • タマノカンアオイ ウマノスズクサ科
    タマノカンアオイ
    タマノカンアオイ ウマノスズクサ科
    丘陵から山地にかけての林に生えている常緑の多年草(複数年のあいだ育成する植物)。最初に多摩丘陵で見つかったことから「多摩の寒葵(かんあおい)」の名が付けられた。高尾山が分布の西限にあたるが、その数は少なく貴重な植物のひとつである。やや厚みのある葉は、なめし皮のような光沢があり、葉脈の部分がへこんでいる。大きさは約5~10センチで、楕円形に近いハート形をしている。葉は長い柄(え)があり、そのつけね部分に直径約4センチの暗い紫色をした花をつける。柄につながっている部分は地中にあるため、花だけが地面に落ちているように見える。ほとんど土に埋もれるように咲き、落ち葉に覆われていることも多いため、あまり目立たない。

    季節|4月中旬~5月中旬頃
    高さ|約10センチ
    場所|いろは
  • フタバアオイ ウマノスズクサ科
    フタバアオイ
    フタバアオイ ウマノスズクサ科
    山地の林の下に多く見られる多年草(複数年のあいだ育成する植物)で、茎が地をはうようにのびて群生している。茎の先から長い柄(え)を出して、2枚のハート形の葉が対になって開く。徳川家の紋所のデザインは、この葉3枚を組み合わせたものである。また、京都賀茂神社の葵祭りに用いられることから「賀茂葵(かもあおい)」の別名もある。葉の大きさは約4~8センチで、両面に白く短い毛が生えている。呼び鈴のような形をした約1.5センチの花が、うつむくように下を向いて咲く。花びらは無く、萼(がく:花の外側にある、葉の変化した器官)が外側に反り返っているところが特徴である。色は紫がかった茶色で、外側は白い。葉のもとの部分に1個だけつけるので、葉に隠れてしまい見つけにくい。

    季節|4月上旬~5月中旬頃
    高さ|約8~15センチ
    場所|裏高尾
  • ウワバミソウ イラクサ科
    ウワバミソウ
    ウワバミソウ イラクサ科
    沢沿いの道端や斜面など、湿ったところに群生する多年草(複数年のあいだ育成する植物)。ウワバミ(大きな蛇)が住んでいそうな場所に多く生えることから、その名が付いた。また、茎に水分を多く含んでいることから「ミズ」や「ミズナ」とも呼ばれ、人気のある山菜のひとつとしても知られる。茎は赤みをおびて、左右非対称の葉がつく。葉は約4~10センチで、先が尾のようにのびた楕円形をしている。両面には毛が生え、ふちに大きめの鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ) がある。葉のつけねから短い柄(え)を出し、淡い黄緑色の小さな花がかたまって咲く。雄花は柄の先につき、雌花は葉のつけねにつく。秋には栄養分を蓄えた芽が球状になる「むかご」ができる。

    季節|4月下旬~6月上旬頃
    高さ|約20~30センチ
    場所|1号路、3~4号路、6号路、裏高尾
  • カテンソウ イラクサ科
    カテンソウ
    カテンソウ イラクサ科
    山の木陰で地面に広がるように群生している多年草(複数年のあいだ育成する植物)。春の早い時期に淡い紫色をおびた細かい花が咲く。顔を近づけて見ないと、咲いているのかどうかわからないくらい、小さく目立たない花である。植物の多くは昆虫に花粉を運んでもらうために、より目立つようにと、さまざまな花を咲かせる。その点カテンソウの場合は、昆虫に頼らずに、花粉を風で飛ばして運ばせるため、わざわざ目立つ花を咲かせる必要がないと考えられている。花は雄花と雌花があり、茎の上部に雄花がかたまって咲く。雌花は葉のつけねについている。葉の大きさは約3センチで、三角形に近い卵形。光沢があり、ふちに大きめの鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。

    季節|3月~4月頃
    高さ|約10~30センチ
    場所|1号路、3~4号路、6号路、裏高尾、奥高尾
  • ヒトリシズカ センリョウ科
    ヒトリシズカ
    ヒトリシズカ センリョウ科
    山麓から山の上までの林下や草原に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。茎の上部に4枚の葉が茎をかこむようについており、その中心から1本の白い花序(かじょ:花をつけた茎)が立っている。その姿を優雅に舞う静御前(しずかごぜん)にたとえて「一人静」の名が付けられた。花序の長さは3センチほどで、白いブラシのようである。白く見えるのはすべて雄しべで、花びらも萼(がく:花の外側にある、葉の変化した器官)もついていないところが特徴である。茎は真っすぐに立ち、のびはじめのころは赤紫色を帯びているものが多い。葉は長さ約6~10センチの先がとがった楕円形で、光沢がある濃い緑色をしており、ふちには鋭い鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。花が終わると、直径約2.3~3ミリの球形の実をつける。

    季節|4月上旬~5月上旬頃
    高さ|約10~15センチ
    場所|裏高尾、奥高尾、南高尾
  • フタリシズカ センリョウ科
    フタリシズカ
    フタリシズカ センリョウ科
    山地の林のふちや林内に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。2本の花序(かじょ:花をつけた茎)を立てることから、ヒトリシズカに対して「二人静(ふたりしずか)」の名が付けられた。茎の上部に二対の葉4枚が、やや間隔をあけてつき、その中心から小さな白い花をつけた長さ約2~5センチの花序がのびる。多くは2本を出すが、なかには3~5本も立てるものがある。白く見えるのはすべて雄しべで、花びらも萼(がく:花の外側にある、葉の変化した器官) もついていない。雄しべはヒトリシズカのような糸状ではなく、3本の雄しべが雌しべを包んだ米粒のような形をしている。葉は長さ約8~16センチの楕円形で、光沢はなく、ふちに細かいとげ状の鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。夏から秋にかけて、閉鎖花(へいさか:開花せずに受粉を行なう花) をつけた花序を出す。

    季節|5月下旬~6月下旬頃
    高さ|約30~50センチ
    場所|3号路、裏高尾、奥高尾
  • エビネ ラン科
    エビネ
    エビネ ラン科
    雑木林や竹林の中などに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。まっすぐにのびた茎の上部に10~20個の花がやや間隔をあけてついている。近年、園芸目的の盗掘(とうくつ)で数が減ってしまっている。地下茎(ちかけい)は球状になった節が連なり、それが体を曲げたエビのように見えることから「海老根」の名が付けられた。花の直径は約2~3センチで、3枚の花びらと3枚の萼片(がくへん)からなる。一番下の花びらは大きく分裂し、普通は淡い紅色か白色。花びらと萼片はこげ茶色だが、個々の差が多い。根生葉(こんせいよう:茎の根もと近くから生える葉)は長さ約10~30センチ、幅約5~8センチの長い楕円形で、根もとから3~5枚出て、茎を包むように上にのびる。葉は冬も残り、開花時期に新しい葉が出ると枯れる。

    季節|4月中旬~5月中旬頃
    高さ|約30~40センチ
    場所|奥高尾
  • キンラン ラン科
    キンラン
    キンラン ラン科
    山地や丘陵の明るい雑木林の中に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。雑木林の減少とともに数は減っており、高尾山でもなかなか見られなくなったランのひとつ。鮮やかな黄色の花を咲かせることから「金蘭」の名が付けられた。花の直径は約1~1.5センチで、茎の先に3~12個がやや上向きにつく。完全に開くものは少なく、半開きの花が多い。花びらと萼(がく:花の外側にある、葉の変化した器官)の色と形はほぼ同じ。一番下につく花びらはつけねの部分が筒状で、内側には 隆起線(りゅうきせん)と呼ばれるこげ茶色の出っ張りが5~7個ある。葉は笹の葉に似て、長さ約8~15センチ、幅約2~4.5センチ。縦方向にしわがあり、茎を抱くように互い違いにつく。地下茎(ちかけい)は地中に深くのびる。

    季節|4月下旬~5月下旬頃
    高さ|約30~60センチ
    場所|裏高尾、奥高尾
  • ギンラン ラン科
    ギンラン
    ギンラン ラン科
    山地や丘陵の明るい雑木林の中に生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。高尾山ではまれにしか見ることができない希少種。黄色い花のキンランに対して白い花をつけることから「銀蘭」の名が付いた。花の直径は約1.5~2センチ。茎の先に5~10個つけ、こちらも花びらは半開きの状態であることが多い。花びらと萼(がく:花の外側にある、葉の変化した器官)は3枚ずつあり、中央につく花びらの内側には淡い黄色の 隆起線(りゅうきせん) がある。葉は笹の葉に似た形で、長さ約3~8センチ、幅約1~2.5センチ。5~6枚の葉が茎を抱くように互い違いにつく。よく似るササバギンランは、花の下につく苞葉(ほうよう:花のつけねにある葉が変形したもの)が花よりも高くのびる。ギンランの苞葉は短く、また背丈が低いところも見分けるときのポイントになる。

    季節|5月上旬~5月下旬頃
    高さ|約10~30センチ
    場所|5号路
  • シュンラン ラン科
    シュンラン
    シュンラン ラン科
    明るく乾燥した雑木林などに生えている多年草(複数年のあいだ育成する植物)。本種も高尾山で数が少なくなったランのひとつ。漢字で「春蘭(しゅんらん)」と書くように、ランのなかでは最も春早くに咲く。花の直径は約3~3.5センチで、花茎(かけい:葉をつけずに花だけをつける茎)の先に普通1個つける。花びらの側弁と萼片(がくへん)は黄緑色。一番下につく花びらにある濃い赤い斑点がホクロやシミにみえることから「ホクロ」「ジジババ」とも呼ばれる。花茎は半透明の鱗片(りんぺん:葉が変形してうろこ状になったもの)に包まれ、やわらかい質感で太い。葉は細長く、長さ約20~35センチ、幅約0.6~1センチ。触るとかたく、ざらざらとしていて、ふちに鋸歯(きょし:葉のふちにあるノコギリの歯のようなギザギザ)がある。1年中、緑色の葉が根もとからたくさん出ているので、春早い時期でもよく目立つ。

    季節|3月下旬~4月下旬頃
    高さ|約15~25センチ
    場所|5号路、稲荷山、裏高尾、奥高尾、南高尾
  • セッコク ラン科
    セッコク
    セッコク ラン科
    沢沿いなど湿り気のある場所の樹木や岩の上などに着生する常緑の多年草(複数年のあいだ育成する植物)。高尾山ではスギの老木の上などに着生し、美しい花を咲かせている。葉の落ちた茎の節から花柄(かへい)を出し、1~2個の花をつける。花の直径は約3~4センチで、白色から淡いピンク色。甘い香りがある。一番下の花びらは、根元の部分の内面に短い毛が生えている。葉は細長く、長さ約3~5センチ。厚く光沢があり、2~3年は茎についている。茎はもとの部分から束になって出ており、縦にすじが入り、たくさんの節をもつ。漢字で「石斛(せっこく)」と書き、健胃、消炎、強壮効果などがあることから、漢方薬として用いられている。

    季節|5月中旬~6月下旬頃
    高さ|約10~30センチ
    場所|1号路、6号路
  • シャガ アヤメ科
    シャガ
    シャガ アヤメ科
    山麓から頂上にかけて、沢筋、林の中やふちなど、うす暗いところに生えている常緑の多年草(複数年のあいだ育成する植物)。種をつくることができないため、根茎をどんどんとのばして、ふえていく植物である。その特徴を利用して、土手道などの土留めによく植えられている。花の直径は約4~6センチで朝開いて夕方にしぼむ。花びらのふちには細かい切れ込みがある。全体に淡い紫色で、外側の花びらの中央部に入る紫色とオレンジ色の模様が美しい。花の期間が長く、群生して咲いているのでよく目立ち、高尾山でもあちこちで見ることができる。葉は剣形で、長さは約30~60センチ。つやつやとした光沢がある、鮮やかな緑色をしている。

    季節|4月中旬~5月下旬頃
    高さ|約50~60センチ
    場所|1~6号路、稲荷山、蛇滝、裏高尾、いろは、奥高尾
  • アマドコロ ユリ科
    アマドコロ
    アマドコロ ユリ科
    山野の日当たりのよい林内や草地、道端などに生える多年草(複数年のあいだ育成する植物)。太い地下茎がオニドコロ(サトイモ科)に似て、味が甘いことから、その名が付けられた。茎には上下に走るすじがあり、角ばっているところが特徴で、ナルコユリと区別できる。葉は長さ約5~10センチ、幅約2~5センチの長い楕円形で、裏面は粉をまぶしたように白い。葉のつけね部分から1~2個の花が真下に垂れる。花は長さ約1.5~2センチの筒状で、花びらの先は黄緑色をおびる。葉の先が巻いている時期の若芽は、天ぷらやおひたしなどで食することができ、歯ごたえと甘みがあっておいしい。乾燥させた地下茎(ちかけい)は、強壮薬として用いられている。

    季節|5月上旬~下旬頃
    高さ|約30~60センチ
    場所|1号路、4号路、蛇滝、裏高尾、奥高尾
※高尾山公式アプリからの引用
もっと見る 閉じる